なぜ肉食動物なのに“竹”が主食なのか? 白黒の体毛の“意外な理由”も…【3月11日はパンダ発見の日】

3月11日はパンダ発見の日! 今回は、パンダの耳と目の周りが黒い意外な理由など、違いの分かる人になれるパンダの豆知識をご紹介します!

パンダ発見の日
パンダ発見の日
3月11日はパンダ発見の日!

1869年3月11日、フランスの博物学者アルマン・ダヴィッドが中国からパリの国立自然史博物館にジャイアントパンダの骨と皮を送って調査を依頼したことに由来しています。

今回は、パンダの耳と目の周りが黒い意外な理由など、違いの分かる人になれるパンダの豆知識をご紹介します!

竹が主食なのに肉食動物!?

パンダは、哺乳綱食肉目クマ科ジャイアントパンダ属。分類的には肉食動物ですが、竹を好んで食べます。

実は、竹は「たんぱく質が豊富で炭水化物が乏しい」という他の植物よりも肉に似た特徴を持っているため、肉食に適したパンダの腸でも消化することができます。

竹の生育範囲は広く、他の動物と取り合うこともないため、数百万年前から竹を主に食べるようになったとされています。

ちなみにパンダは笹も食べますが、主食は竹。「笹が成長したものが竹」ではなく、笹と竹は別の植物です。

体毛が白黒である理由とは?

パンダといえば独特な白と黒の体毛が特徴ですが、なぜあのような色をしているのでしょうか?

諸説ありますが、近年の研究によると、大部分が白いのは雪の多い場所で身を隠すため、腕と足が黒いのは、日陰に隠れるためとされています。

そして、耳が黒いのは、捕食者に凶悪性をアピールするため。目の周りが黒いのは、ライバルのパンダに攻撃性を知らしめるためとのこと。

あのかわいい顔の白黒は、そんなヤンキーみたいな理由だったんですね……!

日本でパンダに会える場所は2カ所しかない

この機会に実際にパンダを見たいと思った方は、行き先にはご注意を。実は、2024年3月現在、日本でパンダに会えるのは2カ所しかありません。

1つは、東京都の上野動物園。日本生まれの双子であるシャオシャオとレイレイほか、4頭のパンダを見ることができます。

もう1つは、和歌山県のアドベンチャーワールド。こちらも4頭のパンダが暮らしていて、間近で見られます。

この他、兵庫県の神戸市立王子動物園にも1頭いるのですが、体調管理のため現在は観覧中止になっています。

パンダに会いたくなったら、上野か和歌山、家から近い方を目指して飛行機や新幹線に飛び乗りましょう!

ただ、王子動物園のように一時的な公開中止になる場合もあるので、出かける前の確認をお忘れなく。


この記事の筆者:石川 カズキ
1984年沖縄県生まれ。筑波大学人間学類卒業後、会社員を経て芸人・作家・コピーライターに。エレキコミック・ラーメンズを輩出した芸能事務所トゥインクル・コーポレーション所属。第60回宣伝会議賞コピーゴールド受賞、LOFT公式YouTubeチャンネル『コントするイシカワくん』シリーズのコント台本・出演、KNBラジオCMコンテスト2020・2023協賛社賞受賞など。お仕事あればお気軽にご連絡ください。AIから仕事を奪うのが目標です。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは