コムドットやまと、スカイピース・テオくんの発言を追撃する視聴者に「吐き気がする」と切り捨て。テオくん「情けない先輩でごめん」

コムドットのやまとさんがスカイピースの動画に寄せられた声に言及する内容を自身のXにポストし、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:やまとさんInstagramより)

コムドットのやまとさんが2月25日、自身のX(旧Twitter)を更新。23日にスカイピースがYouTubeで公開した動画に寄せられた声に反応しました。
 

【実際の投稿:コムドットやまと、スカイピース動画の反響に物申す】

突然あふれた「テオくん頑張れ」に戸惑い


事の発端は23日にYouTubeチャンネル「スカイピース」で公開された動画です。2023年2月に「徳川家康」の名で活動するクリエイター・加藤乃愛さんとの交際を発表したテオくん。2人の交際を祝して☆イニ☆(じん)さんがラップを送り、その中にあったフレーズが「テオくん頑張れ」でした。
 

動画内でテオくんは、それから約1年後の2024年1月に「テオくん頑張れ」というコメントが届き始めたと話します。不思議に思ったテオくんがXで調べたところ、ネタを含んだポストのほか、アンチポストもあったとか。この「テオくん頑張れ」はTikTokの音源にも替え歌で使われるなどし、テオくんは1月21日にXで「テオくんは何をがんばればいいんだろう ここに貼ってください」とポスト。すると「本人出てくるのはちゃうなぁ」「しらけるわ~」という声が寄せられたとのこと。テオくんは「これ大いじめですからね?」「僕がいじりって言えばいじりですけど僕がいじめって言えばいじめ」などと発言しました。
 

動画のコメント欄には、「胸張って生きて」「さすがメンタルやられるよね」「スカイピースは十分頑張ってるよ」などの声のほか、「『テオくんがんばれ』でイジられるのはしょうがない」「いじめられているというよりは付けが回ってきたの方に自分は見えている」と賛否の声が上がっていました。

やまとさん、「追撃してる人を見ると吐き気がする」

そんな中、コムドットのやまとさんが25日、「テオ君の昨日の発言に対して『いじめではない』とか『相方が作った歌でしょ』とか追撃してる人を見ると吐き気がする そもそもこのムーブメント何も面白くないし、これを面白いと思ってるならそのチンケで惨めな人生に同情するよ 人の心を集団で蝕んで何が楽しい?」とポスト。

「突発的にポストしたわけではなく"一回ムーブメントとして大きくなると誰も制御できなくなる現象"に思うことがあったのでポストしました。これから言い訳とか揚げ足取りみたいなリプがこのツイートに寄せられると思いますが、僕はまともな心を持った人になら真意は伝わると信じています」と続けました。

このポストにテオくんも反応。「そんな言葉やまとの口から言わせてしまって申し訳ない。スカイピースの現状を考えて心配してくれたり電話くれたり時間使ってくれて情けない先輩でごめん でもありがとう もう大丈夫だ!」とコメントを寄せたほか、「言うとこ言えるやまとはカッコいい人間」「先輩のためにしっかり言えるの憧れる」などやまとさんへの称賛の声が上がっています。
 

そのほか、「流行りだからって人を傷つけて言い訳じゃない」「テオくんに頑張って欲しい時にいじりと思われて使えなくなるのがしんどすぎる」など、さまざまな声が寄せられました。
 

次ページ
発端となったスカイピースの動画もチェック
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは