『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』第7話 職場・家族・恋愛、それぞれの悩みが交錯!

2024年1月6日から放送がスタートしたドラマ『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』。第7話のストーリーをおさらいし、今後の見どころを紹介。(サムネイル画像出典:フジテレビ系『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』公式サイト)

ネプチューンの原田泰造さん主演のドラマ『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』(フジテレビ系)。ひと昔前の価値観に縛られたおじさんが、息子の友人を通して意識をアップデートしていく物語は大きな話題を集めています。この記事では、第7話のストーリーをおさらいし、今後の見どころやSNSでの反響についても紹介します。

>前回(第6話)のあらすじはこちら

第7話のあらすじ

再び家族4人で食卓を囲むことができた沖田家。息子の翔(城桧吏)は将来やりたいことが見つかった、と母の美香(富田靖子)と姉の萌(大原梓)に打ち明けます。その夢とは、メイクを勉強するために美容専門学校へ進学すること。そのためには高校卒業資格が必要となり、翔は再び登校することを決意します。

一方、沖田家の大黒柱である誠(原田泰造)は、所属する営業戦略室に昭和世代の先輩・古池正則(渡辺哲)がやって来たことで一変した職場の雰囲気にひと苦労。部下たちは、古池の凝り固まった偏見による言動から、ストレスをため込んでいきます。
画像出典:フジテレビ系『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』公式サイト
画像出典:フジテレビ系『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』公式サイト
再々登校初日を無事に終えた翔は、帰宅途中に同級生の香梨奈(並木彩華)と遭遇。メイク講座で再会した時に、メイクが好きだと気付かせてくれたおかげで進路を決めることができた、と香梨奈にお礼の言葉を伝えます。そんな2人の様子を通りがかりに目にした誠は、翔が香梨奈のことを好きなのではないかと推測。

その頃、誠の年の離れた友人・大地(中島颯太)は、恋人の円(東啓介)が獣医師の夢を諦めようとしていることを知ります。その訳を尋ねると、円は獣医師にならなければ地元に帰る必要がなくなるからと答え、大地は自分を責めます。そのことを大地から打ち明けられた誠は、「大地も円も、それぞれがお互いに力を与えている存在なんじゃないか」と伝えます。

自分にとって、その存在は美香だと再確認した誠。毎朝、自分が気付かないうちに起きて家のことをしてくれている美香に、誠は感謝の気持ちとともに、サプライズプレゼントとして家族で協力して取った人気アイドルのコンサートチケットを渡します。思いがけないプレゼントに大喜びの美香でしたが、どこか浮かない様子で……。それは、夢を見つけた翔の将来に掛かる金額を考えての後ろめたさだったのです。

一方の翔は、野球部仲間だった長谷川(坂上翔麻)から呼び出され、ゲイなのかと問われます。突然の質問に、言葉に詰まる翔でしたが、「僕は初恋もまだで、女の人を好きになるか男の人を好きになるかは予測できない」と答えます。

そんな翔の気持ちもつゆ知らず、再び香梨奈と談笑する翔の姿を見つけた誠は、2人の関係を詮索するような話をして、翔を怒らせてしまうのです――。

今後の見どころとSNSでの反響

第7話は、翔や大地、そして古池の再登場によってかき乱される職場の空気と、さまざまな悩みが誠を取り巻く回となりました。エンディングの翔がこれまで胸に秘めていた思いを爆発させるシーンには、考えさせられた人も多かったのではないでしょうか。

放送を終えて、X(旧Twitter)では「翔くんは悩みは尽きないけど前に進んでる。アセクシャルとかもあるのかなぁ。みんながみんな恋愛脳じゃないよね」「ふたりで仲良くしてるってだけで付き合ってるとかどうとか言われるのは嫌だ。窮屈って言葉が翔らしい」などの声が寄せられています。

2月24日放送の第8話は、お祭りを舞台に誠と翔、大地、そして円の関係が進展していく模様。さらに、まさかの“古池メイン回”という触れ込みもあり、どんな展開になるのか期待が高まります!
画像出典:フジテレビ系『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』公式サイト
画像出典:フジテレビ系『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』公式サイト

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』あらすじバックナンバー

第6話
第5話
第4話
第3話
第2話
第1話

この記事の筆者:柿崎 真英 プロフィール
2019年よりフリーランスライター・エディターとして活動。月刊誌やニュースサイト編集者としてのバックグラウンドを持つ。現在はローカルメディアでの活動を中心に、エンタメ・トレンド記事なども執筆。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない