「おすすめしたい穴場温泉地」ランキング! 2位「山鹿・平山温泉」、1位は?

じゃらんリサーチセンターは2023年8月16~30日の期間、旅行サイト「じゃらんnet」の会員1万6107人を対象に、温泉地利用に関するアンケート調査を実施。おすすめしたい穴場温泉地の1位に輝いたのは、どこだったのでしょうか?

冬になると行きたくなるのが温泉旅行。そんな中、じゃらんリサーチセンターは温泉地利用に関するアンケート調査の結果を発表しました(2023年8月16~30日の期間、旅行サイト「じゃらんnet」の会員1万6107人を対象に実施)。

今回で18回目となる「じゃらん人気温泉地ランキング2024」の中から、この記事では「おすすめしたい穴場温泉地」ランキングを紹介します!

>30位までのランキング結果を見る

第2位:山鹿・平山温泉(熊本県)

山鹿・平山温泉(熊本県)
山鹿・平山温泉(熊本県)
熊本県山鹿市にある小さな温泉郷「平山温泉」。1300年ほど前には開湯していたという言い伝えが残る、歴史ある秘湯です。当時の環境をそのまま残すかのような、どこか懐かしい里山風景の中で、自然を身近に感じられる環境が今回の結果につながったようです。気になる泉質は、アルカリ性単純硫黄泉。化粧美容液のような、ぬるぬるとろとろの柔らかなお湯は「美肌の湯」と呼ばれています。

第1位:乳頭温泉郷(秋田県)

乳頭温泉郷(秋田県)
乳頭温泉郷(秋田県)
十和田八幡平国立公園内にそびえる乳頭山。乳頭温泉郷はその麓に点在する7つの温泉、通称「七湯」(鶴の湯、妙乃湯、黒湯温泉、蟹場温泉、孫六温泉、大釜温泉、休暇村乳頭温泉郷)の総称です。七湯は独自に源泉を持ち、その数は10種類以上。そのため、多種多様な泉質がそろうのが魅力です。ブナの原生林に囲まれた環境で、自然の恵みを感じながら浸かる温泉は格別と言えます。


この記事の筆者:柿崎 真英 プロフィール
2019年よりフリーランスライター・エディターとして活動。月刊誌やニュースサイト編集者としてのバックグラウンドを持つ。現在はローカルメディアでの活動を中心に、エンタメ・トレンド記事なども執筆。
次ページ
30位までのランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「健診で服脱がされ…」保護者の投稿に、「タダ働き同然なのに」と医師ら反発 背景にPTAにもある理不尽