【2月23日限定】ポンパドウルが「チーズバタール」を感謝価格で提供! 近沢レースとのコラボハンカチも

「ポンパドウル」では、2月23日限定で「チーズバタール誕生祭」を開催。全店でチーズバタール(1個)を感謝価格で販売するほか、近沢レース店製タオルハンカチを販売します。

横浜元町に本店を構えるパン店「ポンパドウル」の創業当時からの人気ナンバーワン商品は「チーズバタール」。その発売日を記念し、2024年2月23日限定で「チーズバタール誕生祭」を全店(定休日の銀座店除く)で開催します(画像は全て提供)。

チーズバタール誕生秘話

ポンパドウルの人気ナンバーワン「チーズバタール」
ポンパドウルの人気ナンバーワン「チーズバタール」

ポンパドウルの「チーズバタール」はフランスパンの中に角切りチーズを入れて焼きあげたロングヒット商品。その誕生は1969年の創業時にまでさかのぼります。

ポンパドウル創業に当たり、ヨーロッパからフランスパンとデニッシュの職人を招聘(しょうへい)し、本場のパン作りを伝承しました。看板商品のフランスパンは使用する小麦粉の選定から配合、熟成時間など試行錯誤を重ねました。

ポンパドウル元町本店 外観
ポンパドウル元町本店 外観

しかし、まだ日本ではフランスパンはなじみがなく、受け入れられない状況でした。試食や商品開発を続ける中、フランスパンにチーズを挟んだサンドウィッチが好評を得たことから、同社の創業者は「チーズを練りこんだフランスパン」を思いつきます。

フランスから来たパン職人に相談すると「フランスパンにチーズを練りこむなんて邪道です」と一蹴されましたが、それを押し切る形で誕生しました。「チーズバタール」のヒットにより、フランスパンのおいしさが伝わり、他のフランスパンも売り上げを伸ばしました。

「チーズバタール」がおいしい理由とは

6時間かけて焼き上げるベースのフランスパンがおいしさの秘密
6時間かけて焼き上げるベースのフランスパンがおいしさの秘密

創業から50年を超えてもなお、「チーズバタール」の人気は衰えることがありません。愛される理由は、ベースのフランスパンがおいしいから。毎日、職人が仕込みから6時間かけて焼き上げています。

そのポンパドウル自慢のフランスパン生地に、4種類のチーズ(チェダーチーズ、サムソーチーズ、エメンタールチーズ、ゴーダチーズ)をブレンドしたものが練りこまれています。

2月23日の「チーズバタール誕生祭」では、通常税込777円のチーズバタールが感謝価格の税込648円で提供されます。ハーフサイズもありますが、そちらは通常価格となりますのでご注意を。

「1個は大きくて食べきれない」と思われる人も安心してください。冷凍保存も可能です(7~10日間)。食べやすいサイズにスライスしてラップでぴっちり包み、ジッパー付きのストック用袋などで密封し冷凍してください。食べる際は自然解凍あるいは軽くトーストしてください。

次ページ
近沢レース店とのコラボレーションハンカチも登場
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も