「本人と本人w」山寺宏一、ディズニーシーでジーニーと遭遇したショットに反響! 「これは超貴重」

声優の山寺宏一さんが、2月16日に自身の公式Xを更新。東京ディズニーシーに行った際に、自身が吹き替えを担当したキャラクター・ジーニーと遭遇した様子を公開し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:山寺宏一さん公式Xより)

声優の山寺宏一さんは2月16日、自身のX(旧Twitter)を更新。東京ディズニーシーを訪れた際の写真を公開しました。

【実際の投稿:山寺宏一、ジーニーとの“再会”ショット】

「この2ショットが見れるなんて嬉しすぎます」

山寺さんは「先日思いつきでディズニーシーへ」「なんと偶然ジーニーに遭遇 アラジンとジャスミンにも会えて忘れられない日になりました!」とつづり、4枚の写真を投稿しました。自身がアニメ映画の吹き替えを担当したキャラクター・ジーニーとパーク内で遭遇。抱き合うツーショットや、ほかのキャラクターも加わった集合写真などを載せています。数々のキャラクターの声優を担当した山寺さんだからこそ果たせた、“夢の共演”ショットです。

ファンからは「この2ショットが見れるなんて嬉しすぎます」「本人と本人w」「ジーニーの動きに合わせてアテレコできますね」「これは超貴重」「感動の再会」など、称賛の声が多く寄せられています。

オフショットを公開

山寺さんは公式Xでオフを過ごす様子をたびたび公開。14日には「先日『おはスタ』2012〜2013年度メンバーに2年遅れの還暦祝いして貰いました」と、豪華なメンバーに還暦を祝われる様子を公開していました。次の投稿も楽しみですね。
 
次ページ
2月14日に投稿したオフショットも見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない