ドラマ『セクシー田中さん』脚本・相沢友子氏、芦原妃名子さんを追悼「深く後悔、反省」「あまりにも悲しい」

脚本家の相沢友子さんは2月8日、自身のInstagramを更新。漫画『セクシー田中さん』の原作者・芦原妃名子さんを追悼しました。「お悔やみの言葉が遅くなってしまい、本当に申し訳ありません」と謝罪も。(サムネイル画像出典:panitanphoto / Shutterstock.com)

漫画『セクシー田中さん』(小学館)が原作の同名のドラマ(日本テレビ系)の脚本を務めた相沢友子さんは2月8日、自身のInstagramを更新。同作品の原作者で漫画家の芦原妃名子さんを追悼しました。

【実際の投稿:相沢友子、追悼の全文を読む】

「未だ深い悲しみに暮れています」

「このたびは芦原妃名子先生の訃報を聞き、大きな衝撃を受け、未だ深い悲しみに暮れています。心よりお悔やみ申し上げます」と、書き出した相沢さん。「芦原先生がブログに書かれていた経緯は、私にとっては初めて聞くことばかりで、それを読んで言葉を失いました」と明かしています。

さらに「いったい何が事実なのか、何を信じればいいのか、どうしたらいいのか、動揺しているうちに数日が過ぎ、訃報を受けた時には頭が真っ白になりました。そして今もなお混乱の中にいます」と、現在の心境も明かし、「SNSで発信してしまったことについては、もっと慎重になるべきだったと深く後悔、反省しています」と、自身の過去の言動について言及しました。

「今後このようなことが繰り返されないよう、切に願います」

また、「もし私が本当のことを知っていたら、という思いがずっと頭から離れません。あまりにも悲しいです。事実が分からない中、今私が言えるのはこれだけですが、今後このようなことが繰り返されないよう、切に願います」と、相沢さん自身もいまだ、『セクシー田中さん』ドラマ化に関する“事実”を把握していないようです。

「今回もこの場への投稿となることを、どうかご容赦ください。お悔やみの言葉が遅くなってしまい、本当に申し訳ありません。芦原妃名子先生のご冥福をお祈りいたします」と、芦原さんを追悼し、「これを最後に、このアカウントは削除させていただきます」と報告しました。
 

画像出典:相沢友子さんInstagram(@aizawa_tomoko)
画像出典:相沢友子さんInstagram(@aizawa_tomoko
次ページ
『セクシー田中さん』関連の投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは