期待度が高い「2024年冬アニメ」ランキング! 2位『うる星やつら』第2期を抑えた1位は?

2024年1月から放送される「2024年冬アニメ」。数多くの人気作の中から、特に期待度が高く注目されているアニメランキングを発表! 2位『うる星やつら』第2期を抑えた1位は? ※サムネイル画像出典:(C)高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会

『うる星やつら 第2期』
『うる星やつら 第2期』(画像出典:【フジテレビ】アニメ公式YouTubeチャンネル
(C)高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会
エンタメ情報Webマガジン「TVマガ」を運営するWonderSpaceは、全国の10〜50代以上の男女100人を対象に「アニメ」に関するアンケート調査を実施しました(調査期間:2024年1月5〜9日)。その調査結果から「期待度が高い2024年冬アニメ」ランキングを発表します。
 
>9位までの全ランキング結果を見る

2位:『うる星やつら』第2期

2位は、1月11日からフジテレビ系で放送されている『うる星やつら』第2期。『週刊少年サンデー』(小学館)で1978年から1987年まで連載された高橋留美子さんの漫画で、主人公の男子高校生・諸星あたるとあたるを「ダーリン」と呼ぶ“鬼っ娘”ラムとの学園ラブコメディ。初のアニメ化は1981年でした。小学館創業100周年を記念して、厳選した原作エピソードを4クールにわたって放送します。

回答者からは、「高橋留美子先生の大出世作だけあり、若かりし頃のパワーがみなぎっているような作品だからです。面白さだけではなく、魅力的なキャラクターが散りばめられていて、先生の才能を猛烈に感じられる点も良いです。また、ラムちゃんが時折見せる寂しそうな様子、そしてあたるが見せるラムへの愛情もたまらないです」「新しい、うる星やつら第1期も好評でした。オリジナルを知っている世代の人からも違和感なく楽しめたという声を聞いています。私も同意です。第1期も制作陣が豪華なので安心信頼しています」などのコメントが寄せられました。

1位:『キングダム』第5シリーズ

1位は、1月6日からNHK総合で放送されている『キングダム』第5シリーズ。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中の原泰久さんによる歴史漫画が原作で、春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を目指す少年・信と、後の始皇帝となる若き王・えい政の活躍が描かれます。実写化映画もシリーズ3作が公開される人気を誇り、7月には最新作の公開が発表されています。アニメ第5シリーズでは、将軍の一歩手前、“五千人将”となった信が率いる飛信隊が、総大将・桓騎のもと、趙国にある「黒羊丘」を巡る攻防戦を繰り広げます。

回答者からは、「キングダムはシリーズを重ねるごとに展開が面白くなっていく作品です。第4期シリーズも凄く面白かったです。今期で信がいよいよ将軍になると思うので、その辺りもとても期待大です」「ずっと待っていました。待ちすぎて前回までの流れを忘れてしまったので、今現在、もう一度前シーズンを鑑賞しておさらい中です。お話も素晴らしいですし、信くん役の声優さん、森田成一さんの大ファンです」などのコメントが寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
次ページ
9位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは