2023年いちばんおもしろかったアニメランキング! 2位『呪術廻戦』を抑えた1位は?

「2023年いちばんおもしろかったアニメ」ランキング! 話題となった人気アニメが目白押しだった2023年。劇場版も現在公開中の『SPY×FAMILY』や『【推しの子】』、『呪術廻戦』などを抑えた1位は? (サムネイル画像出典:(c)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会)

芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
2位は『呪術廻戦』(出典:公式Webサイト
(c)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
エンタメ情報Webマガジン「TVマガ」を運営するWonderSpaceは12月1〜2日の期間、全国の10〜50代以上の男女100人を対象に「アニメ」に関するアンケート調査を実施。今回はその調査結果から、「2023年いちばんおもしろかったアニメ」ランキングを発表します。

>8位までの全ランキング結果を見る

2位:『呪術廻戦』

2位は『呪術廻戦』。『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の芥見下々さんによる漫画が原作。呪術師たちの戦いを描くダークファンタジーの第2期では、五条悟と夏油傑の都立呪術高専時代の物語「懐玉・玉折」と、2018年10月31日のハロウィーンでにぎわう渋谷駅周辺を舞台に繰り広げられた大規模な戦闘を描いた「渋谷事変」が放送されました。

回答者からは、「元々漫画ファンでしたが、アニメをみて、映像で動いているのに感動しました。渋谷時変が好きで、原作が丁寧にアニメ化されていてかなりよかったです。大好きな五条悟は封印されていてあまりでなかったので、早く次がみたいです」「漫画全体の中でも一番の盛り上がり(展開が壮大)である部分がアニメで放送されたので、かなり見応えがありました。一視聴者としては、結構心臓に来るシーンも多くあったのですが、それだけ見ごたえも有りました。また、絵がキレイでよくある作画崩壊で気が散るなんてこともなかったので、満足感が高かったです」などのコメントが寄せられました。

1位:『葬送のフリーレン』

1位は『葬送のフリーレン』でした。『週刊少年サンデー』(小学館)で連載中の山田鐘人さん、アベツカサさんによる漫画が原作。主人公であるエルフの魔法使い・フリーレンを含む、魔王を倒した勇者一行の後日譚を描いたファンタジーは、勇者・ヒンメルの死から何年後であるかを軸にフリーレンの視点で過去を回想するストーリー展開も新鮮です。

回答者からは、「原作マンガが好きでアニメ化すると知った時はとても嬉しかったのですが、実際見始めて期待以上によかったです! 魔法のシーンは映像の方が迫力があるし、声優陣も歌も素敵で、原作の魅力を大事に作られているアニメなので満足度が高いです。マンガの名シーンが映像で見られて嬉くて、何回も見たくなります」「主人公のフリーレンの主人公らしくない感情の起伏の無い状態から徐々に色んな感情を考えながら知っていく過程がじんわり心を打ちます。死んでしまったかつての勇者ヒンメルが本当に優しくて好きです。また、戦闘シーンはそれとは別に圧巻で映像が綺麗なのと、フリーレンの戦闘能力の強さのギャップがハマりました」などのコメントが寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
次ページ
8位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】