豆まきでまいた豆は食べてもいいですか? 捨てたらご利益がなくなるのではと心配です。

節分にやることといえば「豆まき」。豆まきの正しい方法や、まいた後の豆はどうすべきか、あまり知らない人もいるのではないでしょうか? そんな「豆まき」について、「All About」暮らしの歳時記ガイドの三浦康子が解説します。

節分に豆まきをする理由は? まいた豆はどうするのが正解?
節分に豆まきをする理由は? まいた豆はどうするのが正解?
節分にやることといえば「豆まき」。お父さんが鬼のお面をかぶり、家族で豆まきをする家庭も多いのではないでしょうか。

そんな「豆まき」について、「All About」暮らしの歳時記ガイドの三浦康子が解説します。
 

(今回の質問)
節分に豆まきをする理由は? まいた豆はどうするのが正解?

(回答)
年の分かれ目に等しい立春前日の節分に、邪気を払い、福を呼び込むために豆まきをします。室内にまいた豆は拾って年の数だけ食べますが、外にまいた豆は処分するのが基本です。

 
どういうことなのか、以下で詳しく解説します。 

節分に豆まきをするようになった由来、意味

本来、「節分」とは季節を分けるという意味で「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいいますが、昔は春を迎えることが新年を迎えることを意味していたので、年の分かれ目にあたる立春前日の節分は大みそかのようなもの。そこで新年に向けて邪気払いの行事をするようになり、節分といえばこの日を指すようになりました。

節分の豆まきは、平安時代、大晦日に宮中で行われていた「追儺(ついな)」という儀式を原型とする「鬼やらい」に由来します。鬼は邪気の象徴で、病や災害などの悪いことは鬼のしわざとされたため、穀霊が宿る大豆をまいて鬼を払うようになりました。

豆まきの正しい方法は?

豆まきの基本的な手順は、以下の通りです。

1. 福豆を用意し、枡に入れて供えておく
・豆まき用に炒った大豆を「福豆」といい、枡に入れて豆まきをするまで神棚などに供えておきます。
・大豆は五穀の1つで穀霊が宿るとされており、粒が大きいのでパワーがあり、魔ものの目(魔目=まめ)に豆をぶつけて魔を滅すること(魔滅=まめ)にも通じます。
・必ず炒った豆を使うのは、拾い忘れた豆から悪い芽が出ないようにするためで、「豆を炒る」=「魔目を射る」で「魔滅」となります。

2. 夜になったら豆まきをする
・鬼は真夜中(丑寅の刻)に活動するので、豆まきは夜が適しています。
・本来は家の主人や年男、厄年の人が豆まきを行いますが、現在は家族みんなで楽しむことが多いようです。
・家の窓や戸を開けて「鬼は外!」と豆をまき、鬼が戻らないようすぐに窓や戸を閉めてから、「福は内!」と室内にまきます。
・奥の部屋から順番に鬼を追い出すようにして、最後は玄関までまきましょう。

3. 年の数(年齢+1個)豆を食べる
・最後に、心身の邪気を払うために豆を食べます。
・食べる数は、自分の年齢よりも1つ多く食べるのが習わしです。これを「年取り豆」といいます。地方によって数が異なることもあります。

豆まきには「生活習慣に対する教訓」も!

「鬼は外」と外にまいた豆は、邪気を払った縁起の悪い豆なので、拾い集めて処分します。

「福は内」と室内にまいた豆は、福を呼び込んだ縁起の良い豆なので、拾い集めて食べるのが習わしです。年の数だけ食べたら、料理に使うとよいでしょう。

もちろん、ほこりまみれで汚い豆は食べてはいけません。まいた豆を拾って食べられるくらい日頃からきれいしておく、つまり、部屋がいつも清潔なら健康でいられるので、豆まきにはそうした生活習慣に対する教訓も込められています。
 

この記事の筆者:三浦 康子

和文化研究家、ライフコーディネーター。わかりやすい解説と洒落た提案が支持され、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、ウェブ、講演、商品企画などで活躍中。様々な文化プロジェクトに携わり、子育て世代に「行事育」を提唱している。著書、監修書多数。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」