【固めプリン好きに朗報】今話題のブラジル発「プヂン」とは? ネスレのコンデンスミルクで作ってみた

2023年ごろから、ブラジル生まれの固めプリン「プヂン(プジン)」が注目を集めていることを知っていましたか? 今回はコンデンスミルク『ネスレ イーグル』を使って、ネスレの公式Webサイトに掲載されている「プヂン」にチャレンジしてみました。

ブラジル発の「プヂン」とは
ブラジル発の「プヂン」とは

近年の純喫茶ブームから始まった固めプリン人気。さらに、2023年ごろからはブラジル生まれの固めプリン「プヂン(プジン)」が注目を集め、コンビニスイーツにもなっているほど! 「プヂン」はコンデンスミルクを使いますが、必要な材料は少なめで作り方も意外に簡単なんです。今回はコンデンスミルク『ネスレ イーグル』を使って、ネスレの公式Webサイトに掲載されている「プヂン」レシピにトライしてみました!

沖縄では「ワシミルク」の愛称で知られるコンデンスミルク『ネスレ イーグル』

昔懐かしい缶タイプの『ネスレ イーグル』385g
昔懐かしい缶タイプの『ネスレ イーグル』385グラム

「ネスカフェ」や「キットカット」でよく知られるネスレ。実はコンデンスミルクも販売していることをご存じでしたか? この『ネスレ イーグル』は特に沖縄で親しまれていて、“ワシミルク”という愛称もあるほど!  沖縄の郷土菓子・サーターアンダギーにはコンデンスミルクが使われるなど、食文化に根付いた身近な食品なんです。

ネスレ イーグル

コンデンスミルクは生乳や牛乳に糖分を加えて濃縮させ、トロリと粘度高く仕上げた食品のこと。『ネスレ イーグル』は滑らかな口当たりが特徴です。

左が『ネスレ イーグル』、右が赤いチューブのコンデンスミルク
左が『ネスレ イーグル』、右が赤いチューブのコンデンスミルク

参考までに、わが家の近所にあるスーパーでよく見かける赤いチューブのコンデンスミルクと比べてみました。写真では分かりにくいのですが、『ネスレ イーグル』の方がやや黄身がかった濃い色合い。ねっとりと粘りがあり、ミルク感も濃いように感じました。
 
いちごにかけたり、コーヒーに入れたり、ホットケーキやかき氷にかけたりと幅広い楽しみ方ができるコンデンスミルク。今回はブラジルで愛されるプリン「プヂン」を作ってみたいと思います!

固めプリンとココアスポンジ、2層スタイルの「プヂン」(エネルギー 206キロカロリー/1人分)

プヂンづくりには、底が抜けないタイプの丸型を使います。ココアスポンジは市販品を1/3の薄さにカットしました
プヂン作りには、底が抜けないタイプの丸型を使います。ココアスポンジは市販品を1/3の薄さにカットしました

「プヂン」はブラジルの家庭でよく作られているという気軽なおやつ。コンデンスミルクを使ったもっちりした固め食感のプリン部分と、下に敷いたココアスポンジの2層スタイルで、ケーキのような見た目です。ネスレのレシピページを参考に、まずは材料と調理道具をそろえます。

だんだん色が濃くなっていきます
だんだん色が濃くなっていきます

最初に砂糖と水でカラメル作り。濃い茶色になるまで加熱し、火を止めてからお湯を加えます。鍋もカラメルも高温になっているのでかなりハネます! コンロの上ではなく、シンクの上に鍋を持っていって作業した方が安心です。

先に型の中へカラメルを流し入れます
先に型の中へカラメルを流し入れます

完成したカラメルは型の中へ。全体に広げておきます。続いてはプリン液作り!

『ネスレ イーグル』の出番が来ました
『ネスレ イーグル』の出番が来ました

計量した『ネスレ イーグル』 に、温めた牛乳を少しずつ加えて、サラサラにのばしていきます。

なめらかなプヂンづくりに欠かせない工程です
滑らかなプヂン作りに欠かせない工程です

使う卵は3つ。しっかり溶いてから、レシピ通りに目の細かいザルで濾します。カラザや卵白の混ぜ残りがかなり取れました! これで、より滑らかな口当たりになりますね。

あ
『ネスレ イーグル』入りの牛乳と卵液を合わせます

牛乳でのばした『ネスレ イーグル』 を卵液に流し入れたら、プリン液は完成です。

オーブンの天板、型より大きいバット、型の順に配置しています
オーブンの天板、型より大きいバット、型の順に配置しています

最初にカラメルを入れた型にプリン液をゆっくり注ぎ、オーブンで湯せん焼きをします。

焼き上がったら粗熱を取って、冷蔵庫でこのまま冷やします。時間はかかりますが、材料も作業工程も少ないので取り掛かりやすいですね。

冷やした後は、ココアスポンジと合わせます
プリン生地が冷えたら、ココアスポンジと合わせます

プリン生地がしっかり冷えたら、いよいよ仕上げです! 型の周りにナイフですき間を入れてから、上にココアスポンジをのせて……。

感動の瞬間!
感動の瞬間!

お皿にひっくり返します! おお……カラメル色の表面がとても美しい仕上がり! ココアスポンジがみるみるうちにカラメルを吸い込んで、しっとりしてきました。

食べたい分だけ切り分けられるのがうれしい
食べたい分だけ切り分けられるのがうれしい

日本のプリンはカップサイズが多いですが、こんな風にホールサイズで作れるとテンションが上がりますね。

濃厚なミルク感と、ほろ苦いカラメルがよく合います
濃厚なミルク感と、ほろ苦いカラメルがよく合います

プリン生地はむっちり、もっちりと弾力があり、食べ応え満点。練乳のまろやかな甘味がいいですね。下に敷いたココアスポンジは、ほろ苦いカラメルがジュワっとしみこんだ部分と、ふわふわのままになっている部分があり、それぞれ違う食感や味わいが楽しめます。

ネスレ イーグルで作る本格プヂン

プヂンはホールタイプで、プリン好きにはたまらない大きさ。しかし今回は一度に食べきれなかったので、筆者はこんな風に冷蔵庫にしまいました。中央に短くカットした竹串を刺して、ラップでふんわりと包んでいます。こうすると、プリンの表面がくっつくことなく保存できますよ。
 
ネスレの公式Webサイト「ネスレ バランスレシピ」には、今回のプヂンのほかにも「いちごプリン」や「キャラメル」など、さまざまなレシピが掲載されています。おうちで楽しむバレンタイン・スイーツとしても良さそうですね。ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。購入の際は各種スーパーのオンラインストアや、大手ECショッピングモールなどで検索してみてくださいね。

この記事の筆者:田窪 綾 プロフィール
調理師免許を持つフリーライター。約8年間のレストラン・キッチン勤務経験を生かし、食分野を主軸に活動中。飲食店&新商品取材、オーナーインタビュー、グルメコラムを中心に、「ツギノジダイ」「近代食堂」など複数メディアで執筆を行う。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」