大谷翔平&ドジャース、能登半島地震に1億4000万円寄付を発表「すごい額だ」「何て言うことでしょう」

メジャーリーグベースボール(MLB)のロサンゼルス・ドジャース公式Instagramは、1月5日に投稿を更新。令和6年能登半島地震への支援金の寄付を発表しました。(サムネイル画像出典:ロサンゼルス・ドジャース公式Instagramより)

メジャーリーグベースボール(MLB)のロサンゼルス・ドジャース公式Instagramは、1月5日に投稿を更新。令和6年能登半島地震への支援金の寄付を発表し、話題を呼んでいます。
 

【実際の投稿:大谷翔平&ドジャース、100万ドルの寄付を発表】

「海を超えての温かい心がうれしい」

同アカウントは、ユニフォーム姿でバットを持つ大谷翔平選手の写真と共に、ドジャースと大谷選手のそれぞれのコメント文が英語で載せられている画像を1枚投稿しました。

ドジャースはそのコメント文で、「令和6年能登半島地震への支援として100万ドル(約1億4000万円)を寄付し、個人で寄付をする大谷翔平選手と協力することを表明します」と発表。

大谷選手のコメント文は、以下のとおりです。

「令和6年能登半島地震による被災地支援のため、この度ドジャースと共同で寄付をいたします。復興活動に参加してくださった方々に感謝するとともに、今後も私たちが団結していき被災された方々を支援していきたいと願っています。行方不明者の早期発見と被災地域の復興を心より願っています 大谷翔平」

コメント欄では「何て言うことでしょう」「本当にありがとうございます」「すごい額だ!」「海を超えての温かい心がうれしい」「感謝しかありません」と、驚きや感謝の声が多数上がっています。

大谷選手のInstagramでも同一の文面を掲載

大谷選手も自身のInstagramで、同一文面の日本語版を掲載。現在、ファンなどから多くの反響が寄せられています。
 

次ページ
大谷選手の投稿内容も見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」