「現場はパニック」石川県にいたひょっこりはん、地震発生時の状況を報告。「絶対逃げてください」

お笑いタレントのひょっこりはんさんが、1月1日に自身の公式Xを更新。石川県でネタ披露中だったようで、地震発生時の状況を説明しました。(サムネイル画像出典:ひょっこりはん公式Instagramより)

お笑いタレントのひょっこりはんさんが、1月1日に自身の公式Xを更新。石川県での地震発生時の状況を説明しました。

【実際の投稿:ひょっこりはん、ネタ披露中に地震発生時】

「みなさん、絶対逃げてください!」

ひょっこりはんさんは「石川県の海近くのイオンモールいます!直撃です」と、地震発生時に石川県にいたことを報告。さらにネタを披露中だったようで、「ネタ中とんでもなく揺れて、現場はパニックでした!」と、現場の状況も明かしています。

ひょっこりはんさんは続けて「みなさん、絶対逃げてください! 命です!!命!! 僕もめちゃくちゃ逃げてます!生きましょう!」と、注意喚起をしました。

Instagramで写真も公開

ひょっこりはんさんはInstagramのストーリーズも更新。屋外にいる自撮りショットを公開し、「ぼくは全力で逃げてます! みなさんも高いところか遠いところに!! 命!!」とつづりました。地震、津波の影響がある場所にいる人は、正確な最新情報を元に安全な場所に避難してください。
【ひょっこりはんさんの楽曲や本をチェック!】
次ページ
ひょっこりはんさんが公開した最新ショットも見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も