青汁王子・三崎優太さん、「ペルーのジャングルに向かっている途中」「年末はジャングルで過ごす」と報告

青汁王子として知られる実業家でYouTuberの三崎優太さんが、12月27日、自身のInstagramを更新。「年末はジャングルで過ごす」と明かし、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:三崎優太さん公式Instagramより)

青汁王子として知られる実業家でYouTuberの三崎優太さんが、12月27日、自身のInstagramを更新。「年末はジャングルで過ごす」と明かしました。

【実際の投稿:三崎優太さん、ペルーに向かう!】

「年末はジャングルで過ごす」

三崎さんは、「年末はジャングルで過ごす。今ペルーのジャングルに向かって途中です」(原文ママ)とつづり、2枚の写真を載せています。「#写真は #デンマーク」とハッシュタグを付けているように、デンマークで撮った写真のようです。

「これから電波も繋がらず、電気もないようなジャングルの中で約二週間暮らします。きっと誰とも連絡もとれず、SNSも更新できません。これが年内最後の投稿になるのかな」と続け、「なぜそんなことをするか? それは自分の人生をより高いレベルへ導くため。自分と徹底して向き合い、来年こそは社会や人のためになることを、真摯に取り組んでいきたい。そう強く想っています」と、年末をペルーのジャングルで過ごす理由についても語りました。

さらに、「以前にも人生を変えてくれたこのペルーの地で、シャーマンに会い、儀式を通じて、必ずパワーアップして帰ってきます。不安と葛藤でいっぱいですが、人と違うことをするから、誰も成し遂げたことがないような境地へ辿り着ける。そう自分に言い聞かせ、足を進めます」と、固い決意を示し、最後は2023年の感謝の気持ちで締めくくりました。

コメントでは「あなたは凄い」「絵になってますね!いつものことですが」「あなたのハングリー精神には、完敗」「優太さん、やっぱりめっちゃかっこいい」「三崎さん、北欧も似合います」など、称賛の声が相次いで寄せられています。

「今年も色々なことに挑戦した」

21日の自身のInstagramの投稿では、2023年の活動を振り返っていた三崎さん。「YouTubeは100万人を突破した」「アフリカで砂だらけのボロボロになりながら、地獄のように灼熱の列車に乗った」「DJとしてデビューして、フェスにも参戦した」「事業の方も好調の気配が出てきて、来年に向けて、盛大に種蒔きをした」など、精力的な活動の数々を挙げた上で、「もっともっと努力できたと思う。まだまだ甘い」と自分に厳しいコメントを投げ掛けました。

コメントでは「凄いですね、尊敬に値する生き方です」「王子かっこよすぎ」「王子は本当にストイックですね」「かっこよすぎます」「いつも最高ですが」など、三崎さんのストイックさに感嘆する声が多数寄せられました。
  【三崎優太さんの本をチェック!】
次ページ
1年の活動の振り返り投稿も見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】