志尊淳、年内で事務所退所の報告「病など色々なことを経験し、自分自身の仕事観・人生観が変わり」

俳優の志尊淳さんは12月29日、自身のInstagramを更新。独立することを明かし、ファンからは前向きな声が多く上がっています。(サムネイル画像出典:志尊淳さん公式Instagramより)

俳優の志尊淳さんは12月29日、自身のInstagramを更新。独立することを明かしました。

【実際の投稿:志尊淳、独立の報告。全文を読む】

「これからもずっと応援させて頂きます」

志尊さんは「いつも応援してくださっている皆様・いつもお世話になっている皆様にお知らせです」と書き出し、まずは「突然のお知らせになってしまい、申し訳ありません」と謝罪をしています。続けて、「2023年12月31日をもちまして、2011年から12年間お世話になりました、株式会社ワタナベエンターテインメントとの専属契約を終了し、今後は志尊淳個人としてやっていくことになりました」と報告しました。

理由としては、「ここ数年、病など色々なことを経験し、自分自身の仕事観・人生観が変わり、これからはこれまで以上に責任を持ち、色んなことに挑戦していきたいと考えるようになりました」とのこと。さらに「この意見をワタナベエンターテインメントは尊重してくださり、これからやっていく僕の個人会社に出資をしてくださるという形で変わらず見守っていただくことになりました」と、所属していた芸能事務所・ワタナベエンターテインメントは志尊さんの個人会社に出資をするようです。

そんなワタナベエンターテインメントに志尊さんは、「15歳の何者でもない僕を拾ってくださり、こんなに沢山のことを経験させていただき、学ばせていただき、沢山の人に応援していただけるようになったのもワタナベエンターテインメントの皆さんのご尽力あってのことです。僕の芸能人生、そして僕の人生の約半分はワタナベの皆さんと共に形成されました」と感謝の気持ちを表しています。

コメントでは、「志尊くんが決めたこと これからもずっと応援させて頂きます」「素敵な事です!!」「重い決断だと思います。一歩階段を上がって見える景色はどうでしょうか」「淳ちゃんの決断に、門出に乾杯」「淳くん、しっかり受け止めました」など、前向きな声が多数上がりました。

大変な入院生活を送る

2021年3月に急性心筋炎で1カ月入院した志尊さん。寝たきり生活だったようです。その後、2カ月のリハビリを経て復帰しました。投稿に「ここ数年、病など色々なことを経験し」と書いているように、その病気も今回の決断の1つの理由となったのでしょう。今後、新しい道を歩んでいく志尊さんからますます目が離せませんね!
  【志尊淳さんの写真集をチェック!】
次ページ
志尊さんの“ハイブラ”ファッションも見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も