金爆・樽美酒研二、『SASUKE』の裏側吐露「ガチガチに固めてギプスをつけて」に「凄すぎますよ。。」驚きの声

ゴールデンボンバーの樽美酒研二さんは12月28日、自身のInstagramを更新。27日に放送されたスポーツ系の特別番組『SASUKE』(TBS系)の裏側を明かしました。(サムネイル画像出典:樽美酒研二さん公式Instagramより)

ゴールデンボンバーの樽美酒研二さんは12月28日、自身のInstagramを更新。27日に放送されたスポーツ系の特別番組『SASUKE』(TBS系)の裏側を明かしました。

【実際の投稿:樽美酒研二、けがをしていたことを明かす】

「最高にカッコ良い長男っぷりでしたよ」

樽美酒さんは「少しだけ振り返りますね」と書き出し、「病院の先生からは『100%の力は出さないでくださいね出すと再発しますので』という感じでした」と、100%の力を出すことはドクターストップが掛かっていたことを報告しています。足にはテーピングをし、「バンテージでガチガチに固めてギプスをつけてる」状態で『SASUKE』に出場したものの、「トランポリンの踏切りで激痛きて、ドラゴングライダーの着地で痛くて心折れそうになって(オンエアー観て頂けるとへっぴり腰で着地してるのが分かると思います笑)」と吐露。

さらに「タックルは右足効かず全然押し込めなくて、反り立つ壁は最後の1歩の右足ジャンプがビビって踏み切れず案の定滑っていて、、結局自分に負けました」と、テレビを見ていただけでは分からなかった事情をつづりました。しかし「それでも今回は最後の最後までSASUKEを楽しむことができました。自分が初めて3rdに行った時よりほんとに楽しくて1番の大会でした」と、『SASUKE』に挑戦できたことは楽しかったと明かしています。

コメントでは、「本当にお疲れさまでした 感動で胸がいっぱいです」「読んでてまだ号泣したがー」「最高にカッコ良い長男っぷりでしたよ」「感動をありがとう」「肉離れしてるのに関わらずそり立つ壁までいけるなんて凄すぎますよ。。」「やっぱり痛かったかーーー」など、さまざまな声が上がりました。

43歳で『SASUKE』に挑戦

今回の投稿に載せた2枚の写真は、「そり立つ壁」で脱落してしまった時のものと思われます。27日の投稿では「申し訳ありません、あれが今の限界でした」とつづっていましたが、43歳でけがをしていても、果敢に『SASUKE』に挑戦した樽美酒さんは本当にすごいです。次回の挑戦はあるのか、また楽しみにしたいですね!
 
次ページ
『SASUKE』ショットを見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」