34歳女性、年収230万円、子どもを連れ実家暮らし。「親が高齢になっていく」ことで金銭不安が生まれ……

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では鹿児島県鹿児島市在住・34歳女性のエピソードを紹介します。

鹿児島県鹿児島市在住・34歳女性のエピソード
鹿児島県鹿児島市在住・34歳女性のエピソード
実家を生活の拠点に置く人もいれば、1人暮らしを選択する人もいます。実家暮らしをする理由は人によってさまざま。健康状態、家族の介護、経済的問題など、あらゆる事情が考えられます。

All About ニュース編集部は、2023年9月11日~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、鹿児島県鹿児島市在住・34歳女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:34歳女性
在住:鹿児島県鹿児島市
同居人数:両親、自分、子ども1人
世帯年収:父親350万円、自分230万円
実家の間取り:一軒家4LDK
職業:会社員

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:5万円
交際費:2万円
毎月のお小遣い:5000円
毎月の貯金額:3万円
貯金総額:500万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、34歳以下女性の1カ月の平均消費支出は16万3767円です。そのうち、住居費の平均は3万8400円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた12万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと、「どちらともいえない」とし、「今後のことはわからない」と回答しました。

貯金ができ、子どもの世話も親にお願いできる

現在、実家暮らしをしている理由は「会社から近いため。近くに家を借りたら、貯金をすることができなくなるため」と回答。

また、「子どもの世話を親に見てもらうこともできたり、近くに親戚も住んでいるため、特段離れて住む理由を見つけることができないから。親にも近くにいて安心と言われている」とも続けています。

実家での生活を続けることは、金銭的な貯蓄ができることや子どもの世話に役立つだけでなく、両親のためにもなっているということを説明してくれました。

「実家のリフォームなどにどのくらいお金がかかるかわからない」

一方で、実家暮らしについて、「ものすごく苦労していることはありませんが、今後家事の分担をどのようにしていくか悩んでいます」と打ち明けました。

また、「知り合いや友人を家に呼んで、遊ぶことができず、いつも遊びに行っているだけのところは気になっています」とも回答。親との共同生活での気遣いで、多少のストレスは感じているようです。

また、実家暮らしでの金銭的な不安については、「これから親が高齢になっていく上で、実家のリフォームなどにどのくらいお金がかかるかわからないことです。貯金しようと思います」と話し、今後の展望を打ち明けました。

現在の実家暮らしにはおおむね満足している様子の回答者。多少の不満や将来的な不安はあるものの、それに備えた準備もしているようで、実家暮らしを存分に活用できていることがうかがえます。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】