「生まれてからずっと実家」35歳フリーランス女性、年収300万円、交際費ゼロ。実家暮らしが快適な理由

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では埼玉県蓮田市在住・35歳女性のエピソードを紹介します。

埼玉県蓮田市在住・35歳女性のエピソード
埼玉県蓮田市在住・35歳女性のエピソード
1人暮らしをせずに、実家暮らしを選ぶ人もいます。その理由は人によってさまざま。健康状態、家族の介護、経済的問題など、あらゆる事情が考えられます。中には、実家での生活が好きで「出たい」とは感じない人も。

All About ニュース編集部は、2023年9月11日~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、埼玉県蓮田市在住・35歳女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:35歳女性
在住:埼玉県蓮田市
同居人数:両親、自分
世帯年収:父親300万円、自分300万円
実家の間取り:一軒家4LDK
職業:フリーランス

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:4万円
交際費:ほぼかかってない
毎月のお小遣い:5万円
毎月の貯金額:8万円
貯金総額:300万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、35〜59歳女性の1カ月の平均消費支出は16万4749円です。そのうち、住居費の平均は2万5360円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた14万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと、「どちらともいえない」とし、「結婚したら出るが今のところ予定はない」と話しました。

家族仲が良好で「シンプルに実家が好き」

現在、実家暮らしをしている理由は「シンプルに実家が好きで居心地が良いから」と告白。

「現在の職場も通えない距離ではないので実家を出る理由が今のところ特にない」と職場へのアクセスが不便ではないことや、「生活費の負担も少なく貯金や投資にまわせる」と経済的なメリットも明かしました。

また、「両親ともコミュニケーションを常に取れ、何かあった場合お互いにすぐに助けられる。食事や洗濯もしてくれているので助かる」と続け、日常生活でもメリットを受けていることを語っています。

また「実家と両親と仲が良いことも理由です」とも話し、実家暮らしをすることについては特に抵抗がないことを明かしました。

「生まれてからずっと実家のため一人暮らしできるかは不安」

一方で、実家暮らしでの苦労については「特にはない」と前置きしつつ、「実家から職場では割と距離があるので通勤時間はもったいないかなとは思う。生まれてからずっと実家のため一人暮らしできるかは不安」と現在の状況と不安を明かしました。

また、経済的な事情については前向きな回答が。

「実家で暮らしている分、生活費はもちろん渡しているが、食費やその他雑費はかからないので助かる部分は多い。その分自己投資や貯金にまわせるので特に悩みはない」と、経済的な面を考えても実家での生活はメリットが多く、まだしばらくは実家暮らしを続けたいことがうかがえます。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】