鍋料理のシーズン到来! 好きな「ご当地鍋」ランキング、2位「おでん」を抑えた1位は?

All About ニュース編集部が全国10~70代の男女393人を対象に実施した、「ご当地鍋」に関するアンケート調査から、今回は好きな「ご当地鍋」ランキングを発表します。2位「おでん」、1位は?(サムネイル画像出典:PIXTA)

All About ニュース編集部は11月30日~12月12日の間、全国10~70代の男女393人を対象に、「ご当地鍋」に関するアンケート調査を実施しました。本記事では、好きな「ご当地鍋」ランキングを発表します!

>10位までの全ランキング結果を見る

第2位:おでん(東京都)75票

おでん(東京都)
おでん(東京都)

2位は、「おでん」です!

室町時代に流行した「豆腐田楽」が江戸時代の屋台文化と合わさり、さまざまな食材を使うようになったのが、現在のおでんのルーツとされています。家庭でおでんが普及したのは、戦後復興のなかで需要が高かった練り物や、調味料が店頭に並ぶようになったことが要因だったそうです。

アンケート回答を見ると、「2日目のおでんは味がしみて最高」(30代女性/兵庫県)や、「練り物が好きなので、おでんは具に練り物が多いから」(40代男性/茨城県)といったコメントが寄せられていました。

第1位:もつ鍋(福岡県)80票

もつ鍋(福岡県)
もつ鍋(福岡県)

1位には、「もつ鍋」が選ばれました!

牛や豚のもつ(ホルモン)をみそやしょうゆで煮込んだ鍋料理。第二次大戦後、炭鉱夫たちがアルミ鍋でホルモンやニラを炊いてしょうゆ味で食べていたのがルーツだそうです。もつ鍋といえば福岡市の博多区というイメージですが、有名になったのはバブル経済崩壊後の1990年代と、意外と近年になってからだったんですね。

自由回答を見ると、「もつと野菜がたっぷり食べれて美味しい」(50代女性/福岡県)や、「福岡で初めて食べた時に感動したから」(40代女性/福岡県)、「モツのぷりぷりの触感と濃厚なスープが好き」(30代女性/神奈川県)といったコメントが寄せられています。

※コメントは全て原文ママです

この記事の筆者:斉藤 雄二 プロフィール
新潟出身、静岡在住の元プロドラマー。ライター執筆歴は約8年。趣味は読書とフィットネスとfiat500でドライブに出かけること。最近はeSportsの試合観戦が楽しみです。メインMCを担当するPodcast番組「だいたい二畳半|ホントは面白い住まいの話」をSpotifyやApplePodcastで配信中!

次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】