よく食べる「ご当地鍋」ランキング! 2位「すき焼き」、1位は?

All About ニュース編集部が全国10~70代の男女393人を対象に実施した、「ご当地鍋」に関するアンケート調査から、今回は、よく食べる「ご当地鍋」ランキングを紹介します。2位「すき焼き」、1位は?(サムネイル画像出典:PIXTA)

All About ニュース編集部は11月30日~12月12日の間、全国10~70代の男女393人を対象に、「ご当地鍋」に関するアンケート調査を実施しました。今回は、よく食べる「ご当地鍋」ランキングを紹介します。

>10位までの全ランキング結果を見る

第2位:すき焼き(東京都、兵庫県)56票

すき焼き(東京都)
すき焼き(東京都、兵庫県)

2位は、「すき焼き」でした!

しょうゆや酒、砂糖を加えた甘めの割り下に、野菜や牛肉、焼き豆腐、春菊などを加えて煮込んだ鍋料理。関西風や関東風など、地域によってさまざまな味付けや仕上げがあり、各家庭の味があるのも特徴です。発祥には諸説ありますが、関東大震災後、関西の牛鍋の呼び名だった「すき焼き」が関東にも伝わった際に定着したとされています。

アンケート回答を見ると、「すき焼きは豪華に美味しい牛肉を食べたい時に重宝します」(40代女性/東京都)や、「近所のスーパーで手に入る、メジャーな鍋で子供たちも好んで食べるため」(40代女性/神奈川県)といったコメントが寄せられています。

第1位:おでん(東京都)120票

おでん(東京都)
おでん(東京都)

1位は、「おでん」です!

かつお節や昆布でとった出汁に、大根や練り物をはじめ、こんにゃく、たまご、串ものなど「ネタ」と呼ばれるさまざまな食材を煮込んだ料理。大きな鍋を囲うときもあれば、お酒のつまみに1〜2品を楽しむときもあり、冬の代表的な食べ物として多くの人に親しまれています。地域によってさまざまな味付けがあるので、お気に入りを探すのも楽しいかもしれません。

自由回答を見ると、「準備が簡単で美味しいから」(60代男性/静岡県)や、「つまみとしておでんを良く食べてます」(50代男性/茨城県)、「コンビニ等でも売ってて購入しやすいから」(20代女性/長崎県)といったコメントが寄せられていました。

※コメントは全て原文ママです

この記事の筆者:斉藤 雄二 プロフィール
新潟出身、静岡在住の元プロドラマー。ライター執筆歴は約8年。趣味は読書とフィットネスとfiat500でドライブに出かけること。最近はeSportsの試合観戦が楽しみです。メインMCを担当するPodcast番組「だいたい二畳半|ホントは面白い住まいの話」をSpotifyやApplePodcastで配信中!

次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化