ローンチとは? リリースとの違いや意味、ビジネスでの使い方を解説

最近よく聞く「ローンチ」という言葉。正しく理解して使えていますか? 今回は現役フリーアナウンサーの新保友映が、ほかの言葉との違いやビジネスシーンでの使い方などを解説します。

ローンチの意味とは? リリースとの違いやビジネスシーンでの使い方
ローンチの意味とは? リリースとの違いやビジネスシーンでの使い方
最近ビジネスシーンでよく聞く「ローンチ」という言葉。よく聞くけれど、正しく理解して使えているかどうかは不安、という人もいるのではないでしょうか?

今回は現役フリーアナウンサーの新保友映が、ほかの言葉との違いや使い方などを解説します。 

関連記事:【IT用語一覧】よく使う基礎・最新用語から覚え方まで解説

<目次>
【業界別】「ローンチ」の意味とは?
「ローンチ」と「リリース」「キックオフ」「カットオーバー」の違い  
ビジネスシーンにおける「ローンチ」の使い方と例文
「ローンチ」を使った関連用語  
まとめ

【業界別】「ローンチ」の意味とは?

カタカナ語で使われる「ローンチ」は、英語の「launch」からきている言葉です。英語の意味は「(新造船を)進水させる」「(ボートを)水面におろす」「(飛行機などを)飛び立たせる」「(ロケットなどを)打ち上げる」「(事業などを)始める、開始する」「(人・物を)(世の中に)送り出す」などがあります。日本では、「公開する」「発表する」また「売り出す」などの意味で使われ、特にビジネスシーンで新しい商品やサービスなどを開始したり、打ち出したりするときに使われます。

・IT業界
IT業界で「ローンチ」は、新しいシステムやWebサービスを開始したり、新しい商品を発売したりすることをいいます。これまでと同じようなシステムなどではなく、より高度なプログラムや技術などが使われたものが開始するときに使用されることが多い言葉です。

・金融業界(証券)
金融業界において「ローンチ」は、有価証券を発行することや、その発行を市場に発表する際に使われる言葉です。

・アパレル業界
アパレル業界においての「ローンチ」は、その会社が新しいブランドを出す場合や新しい商品を出す際に使われます。また、そのブランドの価値、商品やサービスを顧客に紹介することを「ブランドローンチ」といいます。

「ローンチ」と「リリース」「キックオフ」「カットオーバー」の違い  

・リリース
「リリース」 は「放つ、開放する、発表する」といった意味を持ち、ローンチと近い意味で使われることが多い言葉です。ただ「ローンチ」は、例外はありますが「触って使える」ような製品またサービスなどに用いられることが多いのですが、リリースは情報や新曲の公開など「無形のもの」に使われることが多い言葉です。
 
・キックオフ
プロジェクトや事業がスタートすることをキックオフといいます。「キックオフ」によって事業、プロジェクトがスタートし、その後、そのプロジェクトから生まれた商品やブランド、サービスが「ローンチ」される、という順番で覚えておくと分かりやすいでしょう。

・カットオーバー
新しく開発されたシステムが稼動することを指し、IT業界でよく使われる言葉です。 Webサイトをオープンさせたり、新しいシステムに切り替えたりしたときにも用いる言葉です。

ビジネスシーンにおける「ローンチ」の使い方と例文

ビジネスシーンにおける「ローンチ」は、先述したように、新しい商品やサービスなどの販売や提供を開始すること、世に送り出すことをいいます。

【例文】
 「本日、新商品をローンチしました」
 「先週ローンチした新ブランドは一気に世間に認知された」
 

「ローンチ」を使った関連用語  

・ローンチカスタマー
新商品を販売する前に、すでに購入することが決まっている消費者が「ローンチカスタマー」です。例えば、新しい航空機をメーカーに製造開発してもらう際、その製造開発に踏み切るに足りるだけの十分な発注を行う必要があります。その発注に関して、開発を終える前の時点で大量に発注を行った航空会社が「ローンチカスタマー」になります。

・ローンチタイトル
新しく家庭用ゲーム機を発売する際に、同時に発売されるゲームソフトのことを「ローンチタイトル」といいます。「ローンチタイトル」には新しいゲーム機の売上を上げる役割があります。

・ソフトローンチ
新製品や新サービスを発売、発表する前に、限定された地域、対象にのみ、試験的に公開することを「ソフトローンチ」といいます。「ソフトローンチ」は、例えばゲームなどで、新しいものを発売するときだけでなく、今後の方向性を判断するためになるべく多くの情報を集め、問題点や修正点などを洗い出して、ここから先さらにそのソフトを成長させたものを作っていくか、一から別のものに切り替えるかなどを判断するために行うものです。

・ローンチコントロール
完全に停止している状態の車を、最も素早く発進させる自動制御技術のことを「ローンチコントロール」といいます。

・プロダクトローンチ
一般的なマーケティングは、商品やサービスを発売してからマーケティング活動を行いますが、「プロダクトローンチ」は、商品やサービスを売り出す前からその商品を買ってくれるであろう見込み客を獲得して、定期的に情報を発信して購買意欲を高め、その後、商品・サービスを発売して、一定の期間に爆発的な売上をつくるというマーケティング手法です。

まとめ

「公開する」「発表する」また「売り出す」などの意味で、特にビジネスシーンで新しい商品やサービスなどを開始したり打ち出したりするときに使われる「ローンチ」という言葉。業界別に、意味や使われ方が少し違い、また関連用語もありますので、意味をしっかり理解して使うと良いでしょう。

■執筆者プロフィール
新保友映
新保 友映(しんぼ ともえ)
山口県岩国市出身。青山学院大学卒業後、2003年にアナウンサーとしてニッポン放送に入社。「オールナイトニッポンGOLD」のパーソナリティをはじめ、「ニッポン放送ショウアップナイター」やニュース情報番組、音楽番組など担当。2018年ニッポン放送退社後はフリーアナウンサーとして、ラジオにとどまらず、各種司会、トークショーMC、YouTube、Podcast、話し方講師など幅広く活動。科学でいじめのない世界をつくる「BE A HEROプロジェクト」特任研究員として、子どもたちの授業や大人向け講座の講師も担当している。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】