ブラッシュアップとは? 意味やビジネスシーンでの使い方、言い換え表現、方法を解説

ビジネスシーンでよく聞く「ブラッシュアップ」という言葉。正しい意味や使い方は分かりますか? この記事では、フリーアナウンサーの新保友映が言い換え表現や例文も含め解説していきます。

ブラッシュアップとは? 意味や言い換え表現、ビジネスシーンでの使い方や方法を解説
ブラッシュアップとは? 意味や言い換え表現、ビジネスシーンでの使い方や方法を解説

ビジネスシーンでよく聞く「ブラッシュアップ」という言葉。正しい意味や使い方は分かりますか?

今回はフリーアナウンサーの新保友映が言い換え表現や例文も含め解説していきます。

関連記事:【ビジネス用語】サラリーマンに必須のカタカナ・略語一覧! 例文もあり

<目次>
「ブラッシュアップ」の意味とは
「ブラッシュアップ」の使い方と例文
「ブラッシュアップ」の類語・言い換え表現
ビジネスにおけるブラッシュアップのメリット
ブラッシュアップする方法
まとめ

「ブラッシュアップ」の意味とは

英語の「brush up(ブラッシュアップ)」は「(忘れかけている知識・技能の)復習」という意味があります。

日本でカタカナ語で使われる「ブラッシュアップ」は英語本来の意味とは少し異なり、「磨きをかける」「すでにあるものの状態をより良くする」といった意味で使われることが多い言葉です。

「ブラッシュアップ」の使い方と例文

「ブラッシュアップ」は、一度提出した案や企画に対してもう少し練り直してほしいときや、あと少し改善してほしいとき、また、すでにある商品をより良くするときなどに使われます。

また、努力してもう一歩成長させたい、さらに磨きをかけて良くしたいというときにも使います。

【例文】
 「この案、ブラッシュアップしてもう一度提出してくれる?」
 「もう少し語学力をブラッシュアップさせて仕事に生かしたいな」

「ブラッシュアップ」の類語・言い換え表現

・練り上げる
「練り上げる」は、文章や計画、企画などを何度も練り直してより良いものに仕上げるという意味で使われる言葉です。プレゼン資料や提出物など、何度も見直して考え直して、より良いものを作るというときに言い換えると良いでしょう。

・磨きをかける
「磨きをかける」は、今のままでも良いものですが、さらに鍛錬したり努力したりすることによって、より優れたものにするときに使います。

・スキルアップ
訓練や経験、学習などを通して新たな能力を習得したり、自分の持つ能力を向上させたりすることを「スキルアップ」と言います。語学力や技術、能力などを「ブラッシュアップ」させるときに言い換えると良いでしょう。

・洗練させる
「洗練させる」は、無駄や不格好なところをなくして、美しく優れたものにするときに使います。文章や考え、また、ファッションなどにも使えます。

ビジネスにおけるブラッシュアップのメリット

ビジネスにおけるブラッシュアップは以下のようなメリットがあります。

・作業効率がアップする
ブラッシュアップしなければいけないものには、まだ足りないものがあったり、より良くなる可能性があったりします。それらを考える過程で、何が問題なのか、足りないもの、無駄なものが分かるため、最終的な作業が効率化されます。

・質が上がり評価につながりやすい
ブラッシュアップしたことにより、資料やプレゼン、企画などの質が上がり、相手を納得、説得しやすくなります。その結果、交渉が進みやすくなったり良い結果が出たりすることによって、社内での評価も上がることが期待されます。

・具体案を厳選できる
ブラッシュアップするときは、さまざまな情報、データ、客観的意見などを精査し、具体的で良いものにしていきます。その過程で、具体案を厳選でき、企画や内容をより良いものにしていくことができるでしょう。

ブラッシュアップする方法

ブラッシュアップする方法には以下のようなものが挙げられます。

・(1)見直してどこをブラッシュアップするか検討
ブラッシュアップするべきものについて改めて見直し、どの点をブラッシュアップするか検討していきます。「1人で考える、考察する」「複数人で忌憚(きたん)なく意見出しをする」「ミーティングで意見交換する」などして、足りない部分や補いたい点を分析します。改善点を間違えてしまうとせっかくのブラッシュアップが意味のないものになってしまうので、丁寧に行いましょう。

・(2)ブラッシュアップの手法を洗い出す
「誰がどんな方法で改善していくのか、修正していくのか」「どんな内容にするか」「アイデアを組み合わせる」「いらないものはとことん省く」などを決めていきます。

・(3)工程やスケジュールを決める
決めたブラッシュアップの手法を、今度はいつまでにやるのかなど、スケジュールを決めていきます。

・(4)実行する
そして、改善、修正、練り上げ、磨き上げなどを行ってブラッシュアップを進めていきます。ブラッシュアップが完了したら、さらなる改善点はないかなど、再度確認しましょう。

まとめ

「ブラッシュアップ」は、「磨きをかける」「すでにあるものの状態をより良くする」など、新しい企画を通して新商品を出したり、それによってさらなる利益を出したりと、企業にとって成長していくには欠かせないものです。企業にとってだけでなく、個人にとっても次のステージへ進むことができるなど良いことも多くあります。「ブラッシュアップ」の意味をしっかり理解して、より良い成果を出していきましょう。

■執筆者プロフィール

新保友映

新保 友映(しんぼ ともえ)
山口県岩国市出身。青山学院大学卒業後、2003年にアナウンサーとしてニッポン放送に入社。「オールナイトニッポンGOLD」のパーソナリティをはじめ、「ニッポン放送ショウアップナイター」やニュース情報番組、音楽番組など担当。2018年ニッポン放送退社後はフリーアナウンサーとして、ラジオにとどまらず、各種司会、トークショーMC、Youtube、Podcast、話し方講師など幅広く活動。科学でいじめのない世界をつくる「BE A HEROプロジェクト」特任研究員として、子どもたちの授業や大人向け講座の講師も担当している。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】