クドカン作品に出演してほしい俳優ランキング! 同率2位は「菅田将暉」など3人、1位は?

All About ニュース編集部は「宮藤官九郎(クドカン)作品」に関するアンケート調査を実施。「今後の宮藤官九郎(クドカン)作品に出演してほしいと思う俳優」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像:映画『ミステリと言う勿れ』公式Instagramより)

これまで数々の名作を世に出してきた脚本家の宮藤官九郎さん。2016年に放送されたドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)の映画版『ゆとりですがなにか インターナショナル』が現在絶賛上映中です。

All About ニュース編集部は10月3日~12月5日の期間、全国20~60代の278人を対象に「宮藤官九郎(クドカン)作品」に関するアンケート調査を実施。今回はその調査結果の中から「今後のクドカン作品に出演してほしいと思う俳優」ランキングを紹介します!

>8位までのランキング結果を見る

2位:菅田将暉、阿部寛、ムロツヨシ

2位は同率で、菅田将暉さん、阿部寛さん、ムロツヨシさんがランクインしました。

菅田さんは、抜群の演技力でさまざまな役を好演。2024年1月公開の映画『笑いのカイブツ』への出演も決定しています。選んだ理由には、「どのような演技をするか興味があるから(30代男性)」「面白いものが生まれそうな気がします(20代女性)」「演技がうまいので、どんなキャラで出演するのかたのしみ(30代女性)」などがありました。

ベテラン俳優の阿部さんは2023年大ヒットしたドラマ『VIVANT』(TBS系)で警視庁の野崎守役を演じました。回答者からは、「クドカン作品に出演してほしいと率直に思うからです(40代男性)」「コミカルな演技も面白いから(50代女性)」「なんだか凄い作品になりそうだから(30代女性)」という声が寄せられました。

ムロさんは、個性派俳優として人気。これまでNHKの大河ドラマにも複数出演しており、2023年の『どうする家康』では豊臣秀吉役として出演しています。「どんなキャラクターが出来上がるのか楽しみだから(30代女性)」「宮藤官九郎の作品のイメージに合うから(20代男性)」「ますます個性的な面を観れそうだから(30代女性)」「面白いので、いろいろとアドリブをいれて盛り上げて欲しい(20代女性)」といったコメントが寄せられました。

1位:横浜流星

名だたる俳優陣を抑えてトップに立ったのは、横浜流星さんです。

現在27歳の横浜さんは、2011年から放送された『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)で俳優デビュー。2023年に公開された映画『ヴィレッジ』と『春に散る』では共に主演に抜てきされ、「第48回報知映画賞」の主演男優賞にも輝きました。アンケート回答では、「かっこいい(50歳男性)」「意外性があるから(50代女性)」という声のほか、次のような意見が寄せられました。

「クドカンのクセにこたえられそうだから(30代女性)」

「シリアスや真面目な役が多いのでクドカンのドラマで違う一面が見てみたい(40代女性)」

「綺麗な顔立ちで、綺麗な役柄が多いので、もっと人間らしい役をやらせてみてほしいです(30代女性)」


※コメントは全て原文ママです
次ページ
8位までのランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も