「菊池風磨さんがハマり役だったと思うドラマ」ランキング! 1位『ウソ婚』、2位は?

All About ニュース編集部は10月3日~11月20日の期間、全国238人を対象に「菊池風磨さんが出演するドラマ」に関するアンケート調査を実施。回答者が最も「ハマり役だったと思う」と答えたのは?(サムネイル画像出典:ドラマ『大病院占拠』公式Instagram)

2023年は全クールのドラマに出演していたほど、俳優としても注目を集めたSexy Zoneの菊池風磨さん。

そんな「菊池さんが出演するドラマ」について、All About ニュース編集部は10月3日~11月20日の期間、全国238人を対象にアンケート調査を実施。

その中から、「菊池風磨さんがハマり役だったと思うドラマ」ランキングの結果を紹介します!

>8位までの全ランキング結果を見る

第2位:『大病院占拠』

2位には、2023年の冬ドラマとして放送された『大病院占拠』(日本テレビ系)がランクイン。同作は、謎の武装集団に占拠された大病院を舞台に、嵐の櫻井翔さん演じる休職中の刑事が人質を救うため、立ち向かう姿を描いたサスペンスドラマです。

菊池さんは、その中で鬼のお面をかぶった武装集団のリーダー・青鬼(大和耕一)役を演じました。非業の死を遂げた“家族”に対する復讐のため、CEOを務めていたアプリ開発会社を売却し、手に入れた資金で武装集団を結成した背景を持つ役柄をクールに演じました。

続編が2024年の冬ドラマとして放送されることも発表されており、どのようなストーリーが繰り広げられるのか、今から期待が寄せられています。

回答者からは、「菊池風磨さんだからこそ出せる青鬼のミステリアスな部分や本当の思いなどを抱えて演じられているのが伝わっていたのでこの作品をはまり役に選びました」(神奈川県・20代女性)、「悪役が似合っていた」(大阪府・30代女性)といった意見が上がりました。

第1位:『ウソ婚』

1位に輝いたのは、2023年の夏ドラマとして放送された『ウソ婚』(フジテレビ系)でした! 同作は、時名きういさんによる同名漫画が原作のラブコメディー。

菊池さんは、長濱ねるさん演じる幼なじみの初恋相手・千堂八重に、半年限定の“ウソの結婚相手”のアルバイトを依頼する、敏腕建築士の主人公・夏目匠を演じました。

取引先や仕事仲間、そしてもう1人の幼なじみを巻き込みながらウソの結婚生活を演じる中、2人の関係が“本物”に近づいていくというストーリーで、ツンデレな匠が八重に対して見せる胸キュンシーンも人気を集めていました。

回答者からは、「ツンデレ役がここまで似合うとは。ハマり役だと思いました」(広島県・20代女性)、「不器用な社長役がはまっていた」(静岡県・30代男性)などの声が聞かれました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:柿崎 真英 プロフィール
2019年よりフリーランスライター・エディターとして活動。月刊誌やニュースサイト編集者としてのバックグラウンドを持つ。現在はローカルメディアでの活動を中心に、エンタメ・トレンド記事なども執筆。
次ページ
8位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア ポスト はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ボーはおそれている』を見る前に知ってほしい「4つ」のこと。アリ・アスター監督が常に描くものは何か

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」