ジャンポケ・斉藤の愛馬「オマタセシマシタ」船橋移籍後、初出走で2着と健闘! 末脚見せつけ「オミソレシマシタ」

ジャンポケ・斉藤慎二さん所有の「オマタセシマシタ」が、12月1日に船橋競馬1Rに出走。初の南関東で2着、さらにゴール手前200メートルを切ると見事な末脚も披露しました。(サムネイル画像出典:斉藤慎二さんXより)

お笑いトリオ・ジャングルポケットの斉藤慎二さんが所有する愛馬「オマタセシマシタ」(牝3・船橋・川島正一)が12月1日、船橋競馬の1R「3歳二三」(ダ1200)に出走。笠松・笹野博司調教師の元から移籍後、初となる南関東での走りを見せました。
 

【ジャンポケ・斉藤所有のオマタセシマシタ、船橋で初出走。2着と健闘】

「推しウマが出来た」末脚見せたゴール前

レース直前オッズでオマタセシマシタは単勝2番人気。パドックでも返し馬でも、落ち着いた様子を見せていました。鞍上は森泰斗騎手でスタート直後はハナを取りに行ったように見えたものの、すぐ中団へ。ライブ中継を配信していたYouTubeチャンネル「船橋競馬場」のチャット欄には、「砂かぶりを嫌がって下がった」のではという声も。直線コースでは残り200メートルで末脚を見せ、2着と健闘。
 

チャット欄では、「オマタセちゃん良くやった」「今後も期待」「次逃げたら十分勝てる」「推しウマが出来た」「オミソレシマシタ」とオマタセシマシタの走りをたたえる声のほか、「斉藤さん!現地で涙してそう」「今回無理に追わずに森騎手は競馬の幅を広げた好騎乗」という声も上がりました。

妹から兄へつながれたバトン

笹野調教師の下で2勝を挙げていたオマタセシマシタ。そのうち1勝は10月23日のレース(笠松・ダ1400)で、国内女性騎手初の地方競馬通算1000勝を達成した宮下瞳騎手が手綱を握りました。
 

11月9日に公開されたYouTubeチャンネル「ジャンポケ斉藤、ジャングルポケット産駒を買う」では、船橋の川島調教師とオマタセシマシタを訪ねる動画を公開。そこで、オマタセシマシタの担当者が、宮下瞳騎手の兄で元騎手の宮下康一さんと明かされるビッグサプライズも。「えっ、わっわっ」と思わず後ずさりする斉藤さん。妹から兄へつなぐバトン。これには思わず「鳥肌立った」という声も上がり、川島調教師のイキな計らいに“競馬ロマン”を感じたファンが続出していました。
 

そして今回のオマタセシマシタの走りを見て、斉藤さんのX(旧Twitter)には「ナイスラン」「2着入線素晴らしかった」「これからが更に楽しみ」と、今後のレースに期待を寄せるファンの声が多く上がりました。
 

次ページ
関連動画&投稿をチェック
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】