「ここまできたか」森香澄、衝撃の“手ブラ”ショットに大反響! 「激アツすぎやろ」「目のやり場に困ります」

元テレビ東京アナウンサーの森香澄さんが11月30日、自身のInstagramを更新。美しい谷間があらわになったモデルショットを公開し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:森香澄さん公式Instagramより)

元テレビ東京アナウンサーの森香澄さんが11月30日、自身のInstagramを更新。表紙を飾った12月6日発売の『anan』2376号(マガジンハウス)のカバーショットを公開しました。

【実際の投稿:森香澄、美ボディあらわな表紙カット】

「鼻血ブーしちゃいました」

森さんは「anan 2376号。表紙を務めさせていただきます。12/6発売です。是非、お手に取ってみてください」とつづり、2枚の写真を投稿。1枚目では青いファーの布1枚で体を隠す表紙カットを、2枚目では自身の両手で胸元を覆うモデルショットを公開しました。どちらのショットも美しい谷間が大胆にあらわになっていて、森さんの魅力があふれた写真です。

ファンからは「激アツすぎやろ」「最強最高に可愛い」「鼻血ブーしちゃいました」「ホクロがえちぃ」「女子アナがここまできたか」「目のやり場に困ります すごく可愛い!」など、称賛の声が多く寄せられました。

多方面で活躍中

3月31日にテレビ東京を退社して以降、タレントやモデルなど多方面で活躍する森さん。11月24日には「本日発売のFRIDAY、表紙と巻頭を担当させていただいております!」と、色っぽいグラビアショットを公開していました。気になった人はぜひチェックしてみてください。
  【森香澄さんの掲載誌をチェック!】
次ページ
森香澄さんのグラビアショットも見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】