700万円の奨学金返済に苦しむ年収200万円・20代女性の本音「進学を諦めるべきだった」

学費や生活費を支援し、学生を支える奨学金制度。この記事ではアンケートで得た回答をもとに、言われるがままに奨学金700万円を利用し、返済の重い負担に苦しむ20代女性のエピソードを紹介します。

700万円の奨学金返済に苦しむ年収200万円・20代女性
700万円の奨学金返済に苦しむ年収200万円・20代女性のエピソード
学費や生活費を支援し、学生の進路を広げる奨学金制度。経済的困難を抱えた学生を助ける制度である一方で、社会人になってから奨学金の返済に追われるケースが多発しています。

All About ニュース編集部は、2023年7月26日~9月26日に、奨学金を利用した経験がある人を対象としたアンケート調査を実施。奨学金制度を利用した理由や返済にまつわる不安、現行制度への思いなどを聞きました。

今回は、アンケートで得た回答の中から、言われるがままに奨学金700万円を利用し、返済の重い負担に苦しむ20代女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール

回答者本人:20代女性
在住:鹿児島県鹿児島市
家族構成:既婚(子なし)
住居形態:賃貸
職業:業務委託
年収:200万円
現在の貯金額:100万円

回答者の奨学金の状況

借りた奨学金の種類:貸与型奨学金
返済状況:返済中
奨学金で利用した金額(総額):約700万円
奨学金の返済残高:約500万円
奨学金の月々の返済額:4万1000円
奨学金以外に借入しているもの:特になし

独立行政法人日本学生支援機構が発表した令和2年度学生生活調査結果によると、大学では全体の約半数にあたる49.6%の学生が奨学金制度を利用しています。

「言われるがままに奨学金を利用」私立大学に通学

大学に通学するために、700万円の奨学金を利用した回答者。

奨学金を借りた理由を尋ねると、「高校生のころ父が他界し、実家は経済的に余裕がありませんでした。しかしどうしても音楽の勉強をしたく、私立の大学に通うため、奨学金を借りました」と話しました。

また、「当時は奨学金の仕組みについてよく分かっておらず、親に言われるがまま利用した記憶があります」と告白。家族からのすすめで多額の奨学金を借りた事実を明かしています。

順調だった返済に突然の陰り「給料が大幅に下がり結局退職」

奨学金を返済するため、給与の高い会社で働いていた回答者。

しかし「病気になってしまい正社員として働くことが難しくなりました」「給料が大幅に下がり、結局退職したため経済困難に陥り苦労した時期があります」と、病によって苦しい生活を送った過去を述べました。

また、「結婚する際、奨学金を抱えていることを相手の男性がどう思うかとても心配で、なかなか言い出せませんでした」「結婚後も自分で仕事をして返済していますが、現在妊娠中のため仕事をセーブしなければならず、返済に不安を感じています」と、結婚や妊娠、出産と奨学金返済の両立における苦悩に言及。

奨学金返済がライフイベントと幸せな家庭生活の足かせとなっている様子がうかがえます。

「こんなに大変なら進学を諦めるべきだったかも」

学生時代、奨学金を借りる手続きは非常に簡単だったと話す回答者。

その一方で、「今は借りたことを後悔しています。社会人になってから返済が苦しく、こんなに大変なら進学を諦めるべきだったかもと思うこともあります」と、奨学金の利用に対する激しい後悔を打ち明けました。

加えて、「自分の力で生活したことがない学生は、お金の価値がわからず卒業後の返済シミュレーションも難しいと思います。『奨学金』というと聞こえはいいですが、借金であることに変わりはありません」と、金銭感覚が十分に発達していない学生に利用を安易に勧める現行の奨学金制度への疑問を提示。

「もう少し借りることに慎重になれるような名称や、学生に対する教育などが進めばいいと思います」と話し、名称の変更と奨学金制度に関する事前教育の拡充を求めています。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:三山 てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性