弟のために奨学金を利用した年収300万・30代女性「病気で休職しても400万円の返済は続く」

学生生活に必要な費用を給付または貸与する奨学金制度。社会人になってから、過去に借りた奨学金の返済に苦しむケースが多発しています。この記事では、弟の学費を残すために奨学金制度を利用し、いまだに返済を続ける30代女性のエピソードを紹介します。

弟のために奨学金を利用した年収300万・30代女性
弟のために奨学金を利用した年収300万・30代女性のエピソード
学生生活に必要な費用を給付または貸与する奨学金制度。経済的な事情で進学をためらう生徒を支援する制度である一方で、その返済に苦しむケースが多発しています。

All About ニュース編集部は、2023年7月26日~9月26日の期間に、奨学金の利用経験がある人を対象としたアンケート調査を実施。奨学金制度を利用した理由や返済に関する不安、現行制度への思いなどを伺いました。

今回は、アンケートで得た回答をもとに、弟の学費を残すために奨学金制度を利用し、いまだに返済を続ける30代女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール

回答者本人:30代女性
在住:滋賀県大津市
家族構成:独身(子なし)
住居形態:持ち家(戸建て)
職業:正社員
年収:300万円
現在の貯金額:50万円

回答者の奨学金の状況

借りた奨学金の種類:貸与型奨学金
返済状況:返済中
奨学金で利用した金額(総額):400万円
奨学金の返済残高:200万円
奨学金の月々の返済額:約2万円
奨学金以外に借入しているもの:特になし

独立行政法人日本学生支援機構が発表した令和2年度学生生活調査結果によると、大学では49.6%、短期大学では56.9%の学生が奨学金制度を利用しています。

「弟の学費」を考慮して奨学金制度を利用

文系に比べて高額な費用がかかることが多い理系大学に進学した回答者。奨学金を借りた理由として、「理系の大学のため、大学の学費の費用が高く、家の経済的に払うことが困難だったから」と話しました。

加えて、「中学生の弟がいたため、今後の弟の高校の学費などを考えると、私だけ学費を払ってもらうわけにはいかなかったから、奨学金を借りて学費に充てることことにした」と、弟のために奨学金制度を利用した経緯を告白。

家族の進路を考慮し、奨学金を借りたことを明かしました。

病気で休職、迫る返済「強制的に行われる」

奨学金を返済している現在の生活について尋ねると、回答者は「毎月決まった金額が強制的に返済に充てられ、ボーナス月だとさらに多い金額が引かれていくことがしんどいと思っている」と、つらい思いを告白。

続けて、「特に病気などで休職しても返済が強制的に行われるのがしんどい」「本当に返済が終わるのだろうかと不安になることがある」と、病気で休職しても猶予されない奨学金返済に苦しんでいる実情を明かしました。

「今後の貯蓄ができるかどうか……」

「まだ半分しか返してないので、完済にはまだまだ時間がかかります。今までと同じ期間返済を続けないといけないと思うと、今後の貯蓄ができるか不安に思う」と、将来に対する不安を打ち明けました。

全ての人が返済によって苦しむことのないよう、国には制度の見直しが求められています。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:三山 てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性