病を患い奨学金返還免除。500万を借りた20代女性、当時を振り返り「入院費に薬代、不安しかなかった」

学生を支援するための奨学金制度。近年、学生時代に借りた奨学金の返済に追われ、苦しい日々を送る人が後を絶ちません。この記事では、編集部がアンケートで集めた回答から、病気を患い、奨学金500万円の返済に苦しんだ20代女性のエピソードを紹介します。

500万を借りた20代女性
500万を借りた20代女性の奨学金エピソード

経済的な困難を抱える学生や、優秀な成績を収めた生徒を支援する奨学金制度。学生の助けとなる制度である一方で、学生時代に借りた奨学金の返済に追われ、苦しい日々を送る人も少なくありません。

All About ニュース編集部は、2023年7月26日~9月26日にかけて、奨学金の利用経験がある人を対象にアンケート調査を実施。奨学金制度を利用した理由や返済に対する不安、現行制度への意見などを伺いました。

今回は、アンケートで得られた回答の中から、社会人になってから病気を患い、奨学金500万円の返済に苦しんだ20代女性のエピソードを紹介します。
 

回答者のプロフィール

回答者本人:20代女性
在住:栃木県足利市
家族構成:独身(子なし)
住居形態:賃貸
職業:無職
年収:0円
現在の貯金額:不明

回答者の奨学金の状況

借りた奨学金の種類:貸与型奨学金
返済状況:返済免除
奨学金で利用した金額(総額):500万円
奨学金の返済残高:0円(返還免除のため)
奨学金以外に借入しているもの:特になし

独立行政法人日本学生支援機構が公表した令和2年度学生生活調査結果によると、大学では全体の約半数にあたる49.6%の学生が奨学金を利用しています。

大学の途中から奨学金を利用「家庭が金銭的に厳しかった」

入学時には奨学金を利用せず、在学途中から奨学金を利用した回答者。奨学金を借りた理由について、「家庭が金銭的に厳しかったため、大学の途中から奨学金を借りて、学費を払うようになったからです」と話しました。

また、「利用しないと生活費がままならないので、仕方なく借りることにしました」と、当初は生活費を自分で賄おうとしていたことに言及。在学中の生活費の工面が想像よりも難しく、奨学金を利用したと明かしました。

厳しい返済、病気を患って事態はさらに深刻化

働き始めてからの生活について尋ねると、回答者は「自分の生活費だけでなく奨学金の返済もあったので、貯金がなかなかできずに、節約生活をしていました」と、当時の苦しい状況を述べました。

加えて、「病気を患ってしまったため、病院へのお金もかかり、金銭的にとてもしんどかったです」と、奨学金返済に病気を発症したことによる治療費の負担が重なり、さらに家計が圧迫された事実を告白。

「将来のための貯金ができないことと、病気を患ったことでの入院費や通院、薬代が払えるのかがとても不安でした。病院代だけでなく、普段の生活費もあるので不安に感じないことは何もなかったです」と、つらい心境を語っています。

「月々の返済額を給与ごとに変えてくれたら」

奨学金制度に対する意見として、「月々の返済額をその人の給与ごとに、変えてくれたら助かりました」「生活水準も人によって違うと思うので、一人暮らしをしている人や、実家暮らしをしている人などで分けてもいいかもしれないなと思いました」と話した回答者。

「病気を患ったことで実家に帰ることになったため、以前より生活費は安くすんでいるので、それだけが唯一の救いかなと感じています」と、一人暮らしから実家での生活に変わったことで家計の負担が減った事実に言及しました。

回答者は返還免除の制度によって奨学金の負担から解放されたものの、現行の規定では、返還免除が適用されるのは「本人が死亡し返還ができなくなったとき」「精神若しくは身体の障害により労働能力を喪失、又は労働能力に高度の制限を有し、返還ができなくなったとき」の2つのケースのみです。(日本学生支援機構が運営する奨学金の場合)

返還免除の要件緩和も含め、政府にはさらなる改善策の実施が求められています。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:三山 てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性