2023年横浜に開業した「子どもと行きたいスポット」ランキング! 2位「ラー博スゴメンラボ」、1位は?

All About ニュース編集部は全国10〜60代の男女を対象に「2023年に横浜の観光地にオープンしたスポット」に関する独自調査を実施。「子どもと一緒に行ってみたいスポット」ランキングを発表します。

All About ニュース編集部は2023年10月19日~11月20日の期間、全国の10~60代の男女157人を対象に「2023年に横浜の観光地にオープンしたスポット」についてのアンケートを実施。「子どもと一緒に行ってみたいところ」のランキング結果を発表します(画像は筆者撮影。価格は2023年11月時点のもの)。

>5位までの全ランキング結果を見る

第2位:ラー博スゴメンラボ

2023年4月にオープンした「ラー博スゴメンラボ」
2023年4月にオープンした「ラー博スゴメンラボ」

2位にランクインしたのは、新横浜ラーメン博物館の開館30周年プロジェクトの一環として、2023年4月25日に館内にオープンした「ラー博スゴメンラボ」です。

5種類の麺、約20種類の具材、10種類のスープ、2種類の容器、ふたを自由に組み合わせて「オリジナルカップラーメン」を自分で作ることができます。

スマートフォンを見ながら麺や具材を選ぶことができるので、子どもと一緒に相談しながら作れるのもうれしいポイント。ふたには自分で撮影したスマートフォンの画像を入れることができるので、世界に1つだけのオリジナルカップラーメンが完成します。

プレミアム具材「たこさんウインナー」はマストアイテム
プレミアム具材「たこさんウインナー」はマストアイテム

参加費は1個(=麺、具材×3、スープ、容器、ふた)税込540円とリーズナブルなので、複数個作る方も。プラス料金でトッピングできるプレミアム具材「たこさんウインナー」はマストアイテムです。

回答者からは「子ども達とカップラーメンつくりを楽しみたい」(神奈川県/40代女性)、「カスタムができるから、子どもは喜びそう」(三重県/30代女性)、「子どもの画像を添付したオリジナルカップラーメンを作りたい」(神奈川県/30代男性)というコメントが寄せられました。

All About ニュース:ヤバっ! 青いスープのカップ麺、横浜にオープンした「ラー博スゴメンラボ」で作って食べてみた

第1位:本牧市民プール

2023年7月に全面リニューアルした「本牧市民プール」
2023年7月に全面リニューアルした「本牧市民プール」

1位に輝いたのは2023年7月8日にリニューアルオープンした「本牧市民プール」。1969年に開業した施設ということで老朽化が激しく、約7年の期間を経て全面リニューアルしました。

メインの流水プールをはじめ、ビニール製の大型スライダーや幼児プール、アトラクションプールなど、子どもから大人まで楽しめる多彩なプールが設置されています。

今回のリニューアルでは、流水プールに全長約40メートル、高さ約5.5メートルの2本のウォータースライダーを新設。

敷地内にはBBQやキャンプが楽しめるスペース「BBQPIT横浜&CAMP」も
敷地内にはBBQやキャンプが楽しめるスペース「BBQPIT横浜&CAMP」も

さらに、夏期以外の利用も含めたスポーツレクリエーションの機会が提供できるよう、敷地内にはBBQやキャンプが楽しめるスペース「BBQPIT横浜&CAMP」が登場しました。

回答者からは「市民プールの枠を超えて、スライダーなど楽しそうな施設が多くあるため」(神奈川県/30代男性)、「BBQやアウトドア体験が出来るのは良いなと思ったからです」(愛知県/50代女性)、「手軽なBBQが気候の良い秋に楽しそうだから」(神奈川県/40代女性)といった、子どもと一緒に楽しめそうという意見が多かったです。

All About ニュース:【横浜】「本牧市民プール」がリニューアルしてますます楽しく! ナイトプールにBBQ&キャンプ場も


※回答者のコメントは原文ママです

この記事の執筆者:田辺 紫 プロフィール
神奈川県在住コピーライター。2001年2月より総合情報サイト「All About」で横浜ガイドを務める。2009年4月、第3回かながわ検定 横浜ライセンス1級取得。「横浜ウォッチャー」として、ブログ、SNSを運営。

次ページ
5位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在