【横浜】「本牧市民プール」がリニューアルしてますます楽しく! ナイトプールにBBQ&キャンプ場も

横浜市民に親しまれている「本牧市民プール」が2023年7月8日にリニューアルオープン! 海岸線をイメージした「渚プール」やウォータースライダー、ナイトプールの営業も。

本牧市民プール(横浜市中区)が、2023年7月8日にリニューアルオープンしました。前日に開催された開業記念式典を取材したので、今回のリニューアルのポイントを紹介します(画像は筆者撮影)。

「本牧市民プール」について

リニューアルオープンした本牧市民プール
リニューアルオープンした本牧市民プール

本牧市民プールの開業は1969年。埋め立てによって失われた海水浴場の代わりに設置されました。以来、横浜市を代表する屋外市民プールとして、子どもから大人まで市民に愛され、多いときには年間で約31万人もの利用があったそうです。2016年から施設老朽化により営業を休止していましたが、約7年の期間を経てリニューアルオープンとなりました。

開業記念式典のテープカットの様子
開業記念式典のテープカットの様子

7月7日に行われた開業記念式典には、山中竹春横浜市長をはじめ、ミュージシャンの横山剣さん、前・横浜DeNAベイスターズ監督のアレックス・ラミレスさん、トライアスロン選手の上田藍さんらが出席。地域の子どもたちと共にテープカットを行いました。

「イーネ!」の決めポーズをする横山剣さん(左から2番目)
「イーネ!」の決めポーズをする横山剣さん(左から2番目)

本牧在住の横山剣さんは、「子どものころにここで遊びましたが、あの崖が同じまま。当時の懐かしい風が吹いている。またここで遊べるんだなぁと思うと、うれしいです。イーネ!」とコメントし、決めポーズ。自身がボーカルを務める「クレイジーケンバンド」の楽曲の中で、同プールが登場するのは4曲もあることを明かしました。

場内マップ
場内マップ

そんな市民に愛されている本牧市民プール、どこか変わったのか紹介します。

子どもから大人まで楽しめる多彩なプールを設置

管理棟からプールへの出入口にはシャワーが設置
管理棟からプールへの出入口にはシャワーが設置

プールへの入場は、まず券売機で利用チケットを購入し、管理棟のエントランスへ入ります。エントランスの左側には、広々とした更衣室(男女計700人分)とシャワーなどが整備されています。

幼児プールと大型スライダー
幼児プールと大型スライダー

リニューアル後は、メインの流水プール(水深約1メートル)をはじめ、ビニール製の大型スライダー(高さ約10メートル)や幼児プール(完全におむつが取れた子どもに限る)、アトラクションプールなど、子どもから大人まで楽しめる多彩なプールが設置されました。

アトラクションプール
アトラクションプール

場内は砂浜をイメージした色で統一されており、素足で歩いても熱くないよう、遮熱塗装が施されています。

2本のウォータースライダーが新設

流水プールとウォータースライダー
流水プールとウォータースライダー

かつての市民プールには、横に広いジャンボ滑り台のようなウォータースライダーがあり、子どもたちに大人気でした。

今回のリニューアルでは、流水プールに全長約40メートル、高さ約5.5メートルの2本のウォータースライダーが新設されました。白と青が爽やかなイメージです。


>次ページ:渚プールやナイトプールも登場
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」