歴代NHK大河ドラマでハマり役だったと思う男性俳優ランキング! 2位「福山雅治(坂本龍馬)」、1位は?

All About ニュース編集部が実施した「大河ドラマ」に関するアンケートの中から、今回は「歴代のNHK大河ドラマで特にハマり役だったと思う男性俳優」ランキングを発表します!(サムネイル画像:NHK公式Webサイトより)

All About ニュース編集部は10月3日~11月18日、全国10~60代の252人を対象に「大河ドラマ」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から、「歴代のNHK大河ドラマで特にハマり役だったと思う男性俳優」ランキングを紹介します。

>15位までのランキング結果

2位:福山雅治(坂本龍馬)『龍馬伝』

龍馬伝
『龍馬伝』(画像:NHK公式Webサイトより)
2位にランクインしたのは、『龍馬伝』で坂本龍馬を演じた福山雅治さん。

坂本龍馬は薩長同盟に尽力し、明治維新を大きく進める原動力となった幕末の風雲児。福山さんは特徴的な土佐弁と長い髪で龍馬になりきり、作品を通じて彼の生涯を伝えました。

アンケートの回答者からは、「髪型も変えて、なり切っていたから(30代女性)」「豪快さやカッコよさがキャラのイメージ通り(50代女性)」「若さとかっこよさがモデルの歴史人物にピッタリだったから(20代男性)」「背の高さ、豪胆な感じがよく合っていたから(60代女性)」などの声があがりました。

1位:小栗旬(北条義時)『鎌倉殿の13人』

鎌倉殿の13人
『鎌倉殿の13人』(画像:NHK公式Webサイトより)
1位は、『鎌倉殿の13人』で主演を務めた小栗旬さんでした。

2022年放送の同作において、小栗さんは北条義時役を熱演。物語では源頼朝の家臣団の中で最も若い義時が、いかにして武士の頂点に上り詰めたのかが描かれています。素直な青年から徐々にダークな存在に変化していく様子も視聴者をひきつけました。

回答では、「闇の顔を演じるのがうまかった(30代男性)」「歴史上のイメージとは異なる見た目だと感じましたが、実際に見て違和感が無かったので(20代女性)」「今までのイメージとは違う義経でしたが、本当はこんな感じだったんだろうと思わせる演技力で、才能あるがゆえの悲しさがよく表現されていました(50代女性)」「真剣で鬼気迫るところから、すこしコミカルな部分まで演じられていた。人の人生を演じるのでその人物のいろいろな面を見せることができていたと思う(30代男性)」といった意見が寄せられました。


※回答コメントは原文ママです
次ページ
15位までのランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」