26歳無職男性、両親と実家暮らし。年金の支払い、奨学金の返済金も停止したが人生に意味を見いだせず…

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では大分県大分市在住・26歳男性のエピソードを紹介します。

大分県大分市在住・26歳男性のエピソード
大分県大分市在住・26歳男性のエピソード
1人暮らしをする人もいれば、実家での生活を続ける人もいます。実家暮らしを続ける人の理由はさまざま。

All About ニュース編集部は、2023年9月11日~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、大分県大分市在住・26歳男性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:26歳男性
在住:大分県大分市
同居人数:両親、自分
世帯年収:父親300万円
実家の間取り:2DK
職業:無職

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:2万円
交際費:8万円
毎月のお小遣い:2万円
毎月の貯金額:0円
貯金総額:20万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、34歳以下男性の1カ月の平均消費支出は15万2805円です。そのうち、住居費の平均は3万4179円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた12万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと「どちらともいえない」とし、「自身の将来によっては決定内容が変わる可能性があるから」と回答。

また、恋愛や結婚願望については「ない」と答え、「異性間の付き合いができる状況にないから」と話してくれました。

就職難、コロナ、両親の介護など……さまざまな問題で実家を選択

現在、実家暮らしを選んでいるのには多くの理由があるようです。

まず、「希望の就職先がなく、自身で完全に自立した生活を送れていないため。また新型コロナウイルスの影響により、県外・国外への移住時に感染リスクがある為」と回答。「親の面倒をみないといけないため。奨学金返済の義務を負っているため、まとまった貯蓄が取りづらい」とも話しています。

経済的な面や両親に関する問題、就職などさまざまな要因が絡んで実家での生活を選択しているようです。

「何のために生きているかわからないような状況」

また、実家暮らしでの苦労についても多々あるとの回答をしました。

まず「家事の一部を私自身が担わないといけない点」という実家ならではの問題を挙げました。

続けて「貯金を完全に切り崩しての生活となっており、収入が0のため国家資格の勉強に追われている。在宅ワークで多少稼いでいるがそれでも生活水準の向上に貢献できる金額に達していない」とも話しています。

さらに、実家暮らしでのお金の悩みについても「年金の支払いも停止し、奨学金の返済金も停止しています。はっきり申し上げると何のために生きているかわからないような状況でかなり追い詰められています」と告白。

自身の将来のために勉強は必要であるものの、金銭的な余裕がなく切羽詰まった様子の回答者。どうにか現状を打破する方法を模索する必要がありそうです。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化