35歳フリーター女性、年収250万円、金銭的苦労は「実家暮らしでお金に余裕があると思われているが…」

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では栃木県鹿沼市在住・35歳女性のエピソードを紹介します。

栃木県鹿沼市在住・35歳女性のエピソード
栃木県鹿沼市在住・35歳女性のエピソード
実家暮らしを選ぶ理由は、人によってさまざま。経済的な事情、自身の健康状態、家族の介護など、あらゆる事情が考えられます。中には、実家を出たいと強く思っているものの、やむを得ず実家暮らしを続けている人も。

All About ニュース編集部は、2023年9月11日~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、栃木県鹿沼市在住・35歳女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:35歳女性
在住:栃木県鹿沼市
同居人数:両親、姉、自分
世帯年収:父親500万円、母親300万円、姉300万円、自分250万円
実家の間取り:7LDK
職業:フリーター

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:0円
交際費:1万円
毎月のお小遣い:3万円
毎月の貯金額:7万円
貯金総額:250万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、35〜59歳女性の1カ月の平均消費支出は16万4749円です。そのうち、住居費の平均は2万5360円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた14万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと、「窮屈だから、今年中に出る予定」とのこと。さらに、恋愛や結婚願望は「恋愛願望はあるが、結婚願望はない」と話しました。

うつ病になり無収入になったため実家へ

現在、実家暮らしをしている理由は「前職でうつ病を発症してしまったので、快方に向かうまでは家族のいる環境で療養することを医師に勧められたため」と告白。

「しばらく休職期間があり、無収入になってしまったので、家賃や光熱費の心配をしなくて済むように帰ってきたため」と続け、健康的な理由と経済的な理由の2つがあることを打ち明けました。

「実家暮らしでお金に余裕があると思われている」

一方で、実家暮らしで苦労していることを聞くと、共同生活ならではの悩みがあるようです。

「朝の出勤時間前にシャワーを浴びたくても、家族と時間調整して順番待ちで入らなければならないことや、トイレが長い人がいると職場に遅刻しそうになること。車の出入りをするのに、パズルのように他の人の車を動かしながら車庫いれしなければならないこと」と話し、家族生活によって生じる問題を説明してくれました。

また、実家暮らしをする上でお金に関する悩みについては「親が外食好きなため、毎回誘われて一緒について行くと、意外とお金がかかってしまうこと」と回答。さらに、「実家暮らしでお金に余裕があると思われているので、友達にたまにおごらなければならなくなること」と続け、友達と会うときに実家暮らしがマイナスに作用していることも打ち明けました。

健康的な理由により仕方なく実家暮らしを強いられているという回答者。金銭的な面での恩恵も得られているものの、共同生活によるストレスを多く感じているようです。そのため、実家を出る予定を立てているとのことですが、そのためにはまず問題点の解消が必要になりそうです。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた