「生活費を毎月払っていますが…」36歳主婦女性、子ども2人と実家に居候。親とお金の価値観が合わず…

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では山梨県甲州市在住・36歳女性のエピソードを紹介します。

山梨県甲州市在住・36歳女性のエピソード
山梨県甲州市在住・36歳女性のエピソード
1人暮らしでの生活を選ぶ人もいれば、実家での生活を選ぶ人もいます。その中には、いったん実家を出たものの個人的な事情によって戻る人も。

All About ニュース編集部は、2023年9月11日~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、山梨県甲州市在住・36歳女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:36歳女性
在住:山梨県甲州市
同居人数:両親、自分、子ども2人
世帯年収:なし
実家の間取り:一軒家2階建て
職業:主婦

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:9万円
交際費:7万円
毎月のお小遣い:5000円
毎月の貯金額:5万円
貯金総額:200万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、35〜59歳女性の1カ月の平均消費支出は16万4749円です。そのうち、住居費の平均は2万5360円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた14万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと、「単身赴任の主人が帰ってくるので今年の冬あたりに賃貸に引っ越します」と回答しました。

結婚しているものの、主人の単身赴任とコロナの影響で実家へ

現在、実家暮らしをしている理由は「主人の単身赴任と新型コロナウイルスの感染症の始まりが重なり、また下の子どもが産まれたばかりだったので様子を見る形で、主人だけ赴任先へアパートを借りて、私と子どもは実家にお世話になっています」と回答。

「家を建てることを計画していますが、中々土地が見つからず今に至っています」と続け、現在は一時的に実家へ帰っていることを説明してくれました。

「生活費を毎月払っていますが…」お金の価値観でモヤモヤ

一方、実家暮らしでは子育てについての意見の衝突が多々あるようです。

「実家なので私自身の暮らしは良いのですが、子どもが絡んでくると、母との子育ての価値観の違いに戸惑っています。居候させてもらっている形なのであんまり色々言えないところもあります」と話し、子供を持つ親ならではの悩みを告白しました。

また、「父と母の孫に対する優先順位が異なるので、孫が一番の母の言葉や行動に時々イライラしている父がいます」と共同生活における問題点も語っています。

さらに、実家暮らしをする上でお金に関する悩みについてもあるようです。

「生活費を毎月払っていますが、お菓子を沢山買ったりしてくるので、私としてはもう少し節約してほしいと思っています」と話し、生活費の使われ方に不満があることを明かしました。

一時的であるものの、子育てという大きなイベント中に実家での生活を送っているがために、多くの苦悩にさらされている、と感じているようです。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」