浅田舞、深すぎるスリットでギリギリまで太ももあらわに! 「芸術作品のような美しさ」「映画みたい」

元フィギュアスケーターでタレントの浅田舞さんが11月9日、自身のInstagramを更新。深すぎるスリットでギリギリまで太ももをあらわにしたショットを披露し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:浅田舞さん公式Instagramより)

元フィギュアスケーターでタレントの浅田舞さんが11月9日、自身のInstagramを更新。深すぎるスリットでギリギリまで太ももをあらわにしたショットを披露しています。

【実際の投稿:浅田舞、太ももあらわに!】

舞台『GRAN TANGO 2023』に出演

浅田さんは、「素晴らしい時間」「感謝の気持ちで溢れています」とコメントすると、舞台衣装ショットなど5枚の写真を公開。2枚目では、切れ込みが深く入ったスリットで太ももを大胆に披露しました。

5枚目は、3~5日まで東京・千代田区のイイノホールで開催された、元宝塚トップスターの水夏希さんの芸能生活30周年を記念した公演『GRAN TANGO 2023』のパンフレット。浅田さんも出演したようです。

この投稿には、ファンから「ビューティフル」「映画みたい」「惚れ惚れします」「美しいすぎる〜」「うっとりです」「かっこいい。素敵すぎる」「芸術作品のような美しさ!」など、称賛の声が寄せられています。

過去にもざっくりドレス姿を披露

浅田さんは、10月19日にも胸元からおなか辺りまでざっくりと開いたセクシーなドレス姿を披露していました。今後も大胆なドレス姿の投稿が楽しみですね!

  【浅田舞さんの写真集をチェック!】
次ページ
浅田さんの“ギリギリ”ドレスショットを見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示