Wi-Fiの「2.4GHz」と「5GHz」って何が違うの? どっちにつなぐべき? 【専門家が解説】

Wi-Fiの「2.4GHz」「5GHz」などの表記を見かけるものの、これらがどのような意味を持つのか、違いはあるのかなど詳しく知らない人も多いのではないでしょうか? LAN/無線LANの専門家で「All About」ガイドの岡田庄司が解説します。

Wi-Fiの「2.4GHz」と「5GHz」は何が違う?
Wi-Fiの「2.4GHz」と「5GHz」は何が違う?
Wi-Fiを使用していると「2.4GHz」「5GHz」などの表記を見かけます。しかし、これらがどのような意味を持つのか、違いはあるのかなど詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?

LAN/無線LANの専門家で「All About」ガイドの岡田庄司が解説します。
 

(今回の質問)
Wi-Fiの「2.4GHz」と「5GHz」って何が違うの? どっちにつなぐべき?

 

(回答)
家の中では、基本的に5GHzを使ってください。離れたところで電波が弱い時は、2.4GHzを使ってください。屋外では、5GHzの使用を避けた方が無難です。


以下で詳しく解説します。

「2.4GHz」と「5GHz」は、速度と障害物への強さが違う

Wi-Fiで利用されている電波には、2.4GHz帯と5GHz帯があります。最近は、6GHz帯も利用されるようになりましたが、対応端末が少ないので、まだまだ2.4GHz帯と5GHz帯が主流です。

2.4GHz帯と5GHz帯の1番大きな違いは、通信速度です。下の図は、無線LANルータが置いてある筆者の書斎で計測したインターネットの速度です。
5GHz帯を利用したときの速度
5GHz帯を利用したときの速度
2.4GHz帯を利用したときの速度
2.4GHz帯を利用したときの速度
ご覧のように2.4GHz帯で130Mbpsなのに対し、5GHz帯では740Mbpsと5倍強の違いがあります。無線LANルータが置いてある部屋であれば、断然5GHz帯を使うべきでしょう。

ところが、例えば「隣の部屋」「その隣の部屋」「少し離れた2階の部屋」というように徐々に離れていくと、それにつれて5GHz帯は急激に遅くなり、ついには逆転してしまいます。また、場合によっては5GHz帯だと繋がらなかかったり、繋がってもすぐにきれてしまうこともあります。

そのような場合は、2.4GHz帯を使ってください。2.4GHz帯も距離が離れるに従って、電波は弱くなりますが、5GHz帯ほどではありません。2.4GHz帯は、速度は遅いのですが、距離や障害物に強く、5GHz帯は、速度は速いのですが、距離や障害物に弱いという性質があります。

ただ、あまり離れると2.4GHz帯でも繋がらなくなりますが、そのような場合は無線LANの中継器やメッシュWi-Fiを利用してください。この辺りの詳細は、以下の記事を参照してください。

【こちらも読む→「メッシュWi-Fi」とは? 特徴やメリットを解説

周波数帯の“干渉”が生じることも

また、電波には干渉という作用があります。干渉とは、ほかの周波数帯が、通信を行う周波数帯と重なってしまい、速度が落ちてしまう現象です。2.4GHz帯には、下のグラフのように数多くの干渉が発生します。
2.4GHzは周波数帯が重なっている
2.4GHzは周波数帯が重なっている
それに対して5GHz帯は、下のグラフのようにあまり干渉が発生しません。
5GHz帯はあまり干渉が発生しない
5GHz帯はあまり干渉が発生しない
周波数帯については環境によって異なるので、2つの周波数帯を試してみて、繋がりやすく速度の速い方を選択してください。

なお、2.4GHz帯は同じ周波数帯を使う電子レンジやBluetoothやアマチュア無線などと電波の干渉が起こりやすいと言われますが、実際にはほかの無線LANルータとの干渉に比べれば影響は少なく感じます。また、5GHz帯の一部の周波数帯は法律で屋外利用が禁止されていますので、よく分からない場合は屋外で利用しない方が無難です。
 
この記事の筆者:岡田 庄司

ライター歴は20年以上。パソコン通信時代からネットワークに興味を持ち、LANや無線LANが一般に普及する前からLANの話題を追いかけ続けている。著作はすでに40冊を超え、テクニカルライターとしても活動している。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは