好きな「事務所から独立・移籍した女性芸能人」ランキング! 2位「田中みな実」を抑えた1位は?

All About ニュース編集部が実施した「事務所から独立・移籍した芸能人に関するアンケート」から「好きな事務所から独立・移籍した女性芸能人」ランキングを紹介します。2位「田中みな実」、1位は?(サムネイル画像出典:『ばらかもん』公式Instagramより)

All Aboutニュース編集部は9月19日~10月19日の間、全国10~60代の男女279人を対象に、「事務所から独立・移籍した芸能人に関するアンケート」調査を実施しました。今回は、「好きな事務所から独立・移籍した女性芸能人」ランキングを発表します。

応援していたタレントが所属事務所から独立や移籍したと聞くと、この先どうなってしまうのか気になってしまうもの。早速、結果を見ていきましょう!

※本調査は9月19日時点で事務所を独立・移籍している芸能人を対象としています

>10位までの全ランキング結果を見る

第2位:田中みな実(41票)

2位には、「田中みな実」さんがランクイン!

2009年にTBSに入社し、アナウンサーとして『サンデー・ジャポン』や『爆報!THEフライデー』、『有吉ジャポン』といった番組を担当。2014年からはフリーに転向しました。現在は、女性タレント専門の事務所「フラーム」に所属しています。

アンケート回答を見ると、「顔が可愛い。多くの女性から憧れを持たれている」(20代女性/千葉県)や、「確立した自分の美しさを持っているから」(30代女性/青森県)といったコメントが寄せられていました。

第1位:のん(48票)

1位には、「のん」さんが選ばれました!

2006年の「第10回ニコラモデルオーディション」でグランプリを獲得し、その後はモデルやテレビCMタレントとして活躍。2010年に映画『告白』で俳優としてもデビューし、2013年に放送されたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』のヒットにより一気にブレークしました。

2016年に所属事務所から独立。現在は自身で音楽レーベル「KAIWA(RE)CORD」も設立するなど、幅広く活躍しています。

自由回答を見ると、「のんさんが一歩ずつ確実に力がついて良い俳優さんになったなぁと思うから」(50代女性/大阪府)や、「お芝居でも声優としても、演技、表現力が素晴らしくて、本当にその役が存在しているかのように見えるから」(20代女性/北海道)、「芸名を変えさせられたりと不遇なことが多かったけど、朝ドラあまちゃんファミリーに助けられて仕事ができている」(20代女性/東京都)といったコメントが寄せられていました。

※コメントは全て原文ママです

この記事の筆者:斉藤 雄二 プロフィール
新潟出身、静岡在住の元プロドラマー。ライター執筆歴は約8年。趣味は読書とフィットネスとfiat500でドライブに出かけること。最近はeSportsの試合観戦が楽しみです。メインMCを担当するPodcast番組「だいたい二畳半|ホントは面白い住まいの話」をSpotifyやApplePodcastで配信中!

次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」