「最早アート」冨永愛、異次元スタイル際立つトレーニング姿に絶賛の声! 「まるで彫刻のような美しさ」

モデルの冨永愛さんは11月1日、自身のInstagramを更新。抜群のスタイルが際立って見えるトレーニングウエア姿を公開しました。(サムネイル画像出典:冨永愛さん公式Instagramより)

モデルの冨永愛さんは11月1日、自身のInstagramを更新。トレーニングに励む写真を公開しました。

【実際の投稿:冨永愛、圧巻ボディ際立つトレーニングショット】
 

「全てのラインが美しいです」

冨永さんは「為せば成る 為さねばならぬ成る業を 成らぬと捨つる人のはかなさ #武田信玄」とつづり、2枚の写真を投稿。さまざまな器具が置いてある施設で、ウエアを着てトレーニングに励む様子を公開しました。

四つん這いの姿勢から片脚を伸ばすポーズを取る冨永さん。黒いスパッツ越しに異次元のスタイルが際立って見える写真です。

ファンからは「それにしても、足が長っ」「愛さん、憧れです」「素敵なボディ、努力の賜物、かっこよすぎです」「全てのラインが美しいです」「最早アートですね」「まるで彫刻のような美しさ」など、称賛の声が多く寄せられました。
 

世界を舞台に活躍

冨永さんはファッションモデルとして世界を舞台に活躍中。9月13日にはアメリカ・ニューヨークで開催されたファッションブランド「MICHAEL KORS(マイケル・コース)」のファッションショーに参加する様子など、Instagramではたびたびイベントに出席した様子を載せています。今後の活躍も楽しみですね。
 
【冨永愛さんの写真集や著書をチェック!】
次ページ
9月13日に投稿した写真も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」