元「ボンビーガール」川口葵、ハロウィン当日の“なんでもない”私服ショットに反響! 「大優勝」「ほんと天使」

バラエティ番組『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)の「上京ガール」として話題になったタレントの川口葵さんは10月31日、自身のInstagramを更新。私服ショットを公開し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:川口葵さん公式Instagramより)

バラエティ番組『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)の「上京ガール」として話題になったタレントの川口葵さんは10月31日、自身のInstagramを更新。私服ショットを公開しました。

【実際の投稿:川口葵、美脚あらわな私服ショット】

「仮装なんか要らんのんじゃ」

川口さんは「Happy Halloween〜 仮装でもなんでもなく私服です笑」とつづり、4枚の写真を投稿。大きめなパーカーにミニ丈のボトムスを合わせた私服ショットを公開しました。ハロウィン当日の投稿ですが、美脚が際立つ自然体な姿を見せています。ボーイッシュながらかわいらしい、川口さんらしい投稿になりました。

ファンからは「何故だぁー!仮装見たかったのに!」「葵ちゃんの仮装見たかったな!」など、仮装姿を期待する声もありましたが、「仮装なんか要らんのんじゃ」「その普通さがいいんですよ」「大優勝」「仮装しなくてもほんと天使だ」など、称賛の声が多く寄せられています。

「#あおいのふく」で私服姿を披露

モデルやタレントとして活動中の川口さんは、自身のInstagramにて「#あおいのふく」とつづり定期的に私服姿を公開しています。10月26日には緑色のニットワンピース姿を披露し、圧巻の美脚が話題となりました。気になった人はぜひチェックしてみてくださいね。
 
次ページ
美脚際立つニットワンピース姿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」