35歳パート女性、年収120万円、実家暮らしでも貯金できない理由「正社員として働く仕事がなく…」

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では北海道旭川市在住・35歳女性のエピソードを紹介します。

北海道旭川市在住・35歳女性のエピソード
北海道旭川市在住・35歳女性のエピソード
1人暮らしをする人もいれば、実家暮らしを選択する人もいます。実家暮らしでは、経済的な節約や自身の健康状態の維持、家族の介護など、さまざまなことが可能です。しかし、一方で1人暮らしをしたくてもできない人もいます。

All About ニュース編集部は、2023年9月11日~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、北海道旭川市在住・35歳女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:35歳女性
在住:北海道旭川市
同居人数:両親、自分
世帯年収:自分120万円
実家の間取り:4LDK
職業:パート

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:0円
交際費:1万円
毎月のお小遣い:5000円
毎月の貯金額:5000円
貯金総額:5万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、35〜59歳女性の1カ月の平均消費支出は16万4749円です。そのうち、住居費の平均は2万5360円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた14万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと「ない」とし、「生活が安定しないので独立できない」と回答。

また、恋愛や結婚願望についても「どちらともいえない」とし、「収入的に大変」と話しました。

1人暮らしはしたいが、正社員になれず金銭的な余裕がない

現在、実家暮らしを選択している理由を具体的に聞くと、「なかなか正社員として働く仕事がなく、パート扱いになってしまいます。本当は自立して一人暮らしの経験もしたいのですが、まだしばらくはちょっと難しそうな気がします」と答えました。

正社員としての仕事が見つからないという理由と、そこからくる経済的な理由によって1人暮らしをしたいという気持ちがあっても、実家暮らしを続けざるを得ないようです。

「実家だとお金が貯まるでしょって言われるんですが」

また、実家暮らしでは“子ども扱い”される点について苦労があるそうです。

「やはり実家にいると親にとって子供は何歳になっても子供なので、夜遅かったりすると余計に心配される。これはいい事なのかもしれないけれど、たまにそれから解放されたいなと思う時が多々あります。あとは親との距離感が近い」と、詳細を語りました。

そのほか、実家暮らしをする上でお金に関する悩みについては「実家だとお金が貯まるでしょって言われるんですが、今の仕事の収入が低いためあまり貯まっていないです」と回答。

実家にいても金銭的な悩みは解消しないという回答者。しかし、自身でも現状を打破しようと試みているようで「このままだとヤバいと思いニーサを始めてみたりしています」と、行っている施策を話しました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」