37歳無職女性、母親と2人で実家暮らし。水をこぼすだけで母親に怒鳴られ「子ども扱い」される日々

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では埼玉県羽生市在住・37歳女性のエピソードを紹介します。

埼玉県羽生市在住・37歳女性のエピソード
埼玉県羽生市在住・37歳女性のエピソード
実家を生活の拠点にしている人は、どのような理由があるのでしょうか。親の介護や職場へのアクセス、自身の健康面の問題など、さまざまな背景が考えられます。

All About ニュース編集部は、2023年9月11日~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、埼玉県羽生市在住・37歳女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:37歳女性
在住:埼玉県羽生市
同居人数:親1人、自分
世帯年収:母親300万円
実家の間取り:1軒家4KDK
職業:無職

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:0円
交際費:5万円
毎月のお小遣い:0円
毎月の貯金額:0円
貯金総額:150万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、35〜59歳女性の1カ月の平均消費支出は16万4749円です。そのうち、住居費の平均は2万5360円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた14万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと「ない」といい、「体が弱い為」と回答。

また、恋愛や結婚願望についても「ない」とし、「自分の病気で相手に迷惑をかけたくない」と話しました。

体が弱いため「親に甘えている状態」

現在、実家暮らしを選択している理由は「体が弱い為一人暮らしは難しく、また田舎なので車でなければ買い物もできず親に甘えている状態です」と回答。

「いつかは親も居なくなり自分1人で生活していかなければいけないので、現在の実家の家賃を払えるくらいまでには体調を整えることを優先しながら生活しております」と、体調面と将来的な不安を吐露しました。

以前は毎月40万ほど家に入れていたものの……

また、実家暮らしでの苦労については「自分の病気を100%は理解してくれない所がありたまに喧嘩をすること」と告白しました。

そのほかにも、「親にとって子供はいくつになっても子供という事で、水をこぼしてしまったりすれば大声で怒られたりといつまでも子供扱いされてしまう所です」と、親子関係からくる悩みもあるそうです。

さらに、実家暮らしをする上でお金に関する悩みについて聞いてみると驚く事実も。

「以前は職についていて親の借金も多かった為毎月40万ほど家に入れておりました」と話す回答者。「現在はコロナの影響で無職になり家に全く入れる事が出来なくなったので金銭的にも迷惑をかけてしまっています。その為、メンタル的にも落ちこむ事が多いです」と続けています。

以前は多くのお金を家計に入れていただけに、現在の状況が許容できず精神的に苦痛になっているとのこと。また、自身の病気とコロナで職を失ったことも苦悩の一端になっているようです。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは