39歳会社員女性、港区で実家暮らし。世帯年収1500万円も、お金をたかってくる「性悪」な家族に不満爆発

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では東京都港区在住・39歳女性のエピソードを紹介します。

東京都港区在住・39歳女性のエピソード
東京都港区在住・39歳女性のエピソード
実家暮らしを選ぶ理由は、人によってさまざま。経済的な事情、自身の健康状態、家族の介護など、あらゆる事情が考えられます。

All About ニュース編集部は、2023年9月11~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、東京都港区在住・39歳女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:39歳女性
在住:東京都港区
同居人数:親1人、子ども3人(回答者を含む)
世帯年収:合計1500万円弱
実家の間取り:2LDK
職業:会社員

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:8万円
交際費:約10万円
毎月のお小遣い:2万円
毎月の貯金額:0円
貯金総額:100万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、35〜59歳女性の1カ月の平均消費支出は16万4749円です。そのうち、住居費の平均は2万5360円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた14万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと「ある」とし、「賃貸で来年契約更新年なので、全員でどうするか話し合い中」と回答。

また、恋愛や結婚願望についても「ある」とし、「生活が潤うから」と話しました。

「家族の不幸が重なり、金銭面と精神的に支え合う必要がある」

現在、実家暮らしを選択している理由は「家族の不幸が重なり、金銭面と精神的に支え合う必要があり現在は家族で狭いながらも一緒に暮らしています」と打ち明けました。

「皆大人なので、いつでも解散できるかもしれませんが、心の苦しみはお互いに支え合って生きていくことで少しずつ癒されているので、今は一緒に過ごすことを優先しています。離れても支え合うことはできますが、我が家はこれが最快適だと思っています。人それぞれ。喧嘩も多々ありますが、それでも一緒にいます」と、実家で家族と一緒に過ごすことの意義を語っています。

回答者の言う通り、1人暮らしするかしないか、家族の在り方は「人それぞれ」。その中で、家族で支え合うことが回答者家族には適していることを説明してくれました。

「稼ぎのある人が多く負担することを当たり前と思わないで」

また、実家暮らしでの苦労については「それぞれの価値観が違うので多々ぶつかります」と告白。

「家事の分担やお金の負担割合なども家族だからこそ本音でぶつかる」と続け、共同生活ならではの悩みを語っています。

さらに「遠慮せず言える関係なのはとても良いことだけど、どうしても負担が偏るので毎回同じことで喧嘩(言い合い)になるのが不満です。掃除の仕方も性格が出るので結局喧嘩しながらも自分で掃除することになる」と続け、実家での生活の不満を吐露しました。

そのほか、実家暮らしをする上でお金に関する悩みについては「稼ぎのある人が多く負担することを当たり前と思わないでほしい。稼ぐための努力を見ようともせず、人にたかってくるので性悪だと感じてしまう」と家族内の経済的な悩みも告白しています。

自身で選択している実家暮らしで、その判断は間違いではないと感じている回答者。その反面、共同生活ならではの悩みは尽きないようで、課題を感じているようです。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望