元アジアン・隅田美保、47歳が見せる“口裂けゾンビメイク”に反響! 「すごい顔」「ジョーカーかと思った」

元お笑いコンビ・アジアンの隅田美保さんが、Instagramで「口裂けゾンビ」に変身した姿を披露。「このメイクならすみださんって分からない」と話題を集めています。(サムネイル画像出典:隅田美保さんInstagramより)

元お笑いコンビ・アジアンの隅田美保さんが10月31日、自身のInstagramを更新。ハロウィンメイクを披露しました。
 

【実際の投稿:隅田美保、ハロウィンメイクで口裂けゾンビに変身】
 

「#ゾンビ役待ってます」

隅田さんは投稿で「ハロウィンでやんす」とつづり、9枚の写真を公開。いずれも隅田さんがゾンビに扮(ふん)した姿で、1ショットずつ、さまざまな表情を見せています。ハッシュタグには、「#お風呂入る前に口裂けゾンビ #自前のメイク道具だけでやったよ #なかなかリアルにできた #どない? #ゾンビ役待ってます」と、ファンに呼びかけたほか、テレビや舞台関係者に向けたと思われるメッセージも。
 

ファンからは、「すごい顔です」「順に写真見ていきながら笑っちゃいました!」「ジョーカーかと思った」「このメイクならすみださんって分からないね」という声が上がりました。
 

『唱』をBGMにTikTok動画もゾンビ姿で投稿

また、俳優の三澤康平さんとのTikTokアカウント「ぺちゃくら」では、Adoさんの『唱』をBGMに、ゾンビ姿の動画も投稿していています。気になる人はTikTokもチェックしてみてくださいね!
 

 

次ページ
隅田さんの投稿をもっと見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」