舞台『のだめカンタービレ』で期待している俳優ランキング! 2位『竹中直人』、1位は?

All About ニュース編集部は、独自のアンケート調査を実施して『のだめカンタービレ』についてオリジナルのランキングを作成しました。この記事では、舞台『のだめカンタービレ』で期待している俳優ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:上野樹里さんの公式Instagram)

二ノ宮知子さんの大ヒット漫画を原作として、ドラマや映画などが制作されてきた『のだめカンタービレ』ですが、2023年は初のミュージカル化が実現。10月3~29日に東京・シアタークリエで、11月3~4日まで長野・サントミューゼで上演されます。

All About ニュース編集部は10月5~19日、全国20~60代の135人を対象に『のだめカンタービレ』に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、舞台『のだめカンタービレ』で期待している俳優ランキングを紹介します!
 

>6位までの全ランキング結果を見る
 

2位:竹中直人

2位には、「竹中直人」さんがランクイン。竹中さんは、ドラマや映画版と同じく、世界的なドイツ人指揮者のフランツ・フォン・シュトレーゼマン、通称・ミルヒー役を担当します。

ミルヒーは、主人公の千秋と「のだめ」の運命を大きく変えるキャラクターで、竹中さんは派手なカツラやメイク、衣装などで作品に登場。世界的に有名な指揮者でありながら、合コンが大好きでクセの強いセリフが多く、個性的なキャラクターとして人気を集めました。

ドラマや映画では圧倒的な存在感を見せたミルヒーですが、竹中さんはミュージカルという舞台でどう演じるのか、ファンから注目を受けています。

回答者からは、「テレビでは言えないけど舞台なら言える、ギリギリの下ネタで笑わせてほしい」(30代女性/兵庫県)、「あのユニークなぶっ飛んでいるシュトレーゼマンを舞台でのだめと一緒にどのくらいハチャメチャするのか期待」(50代男性/群馬県)、「昔のまま、おちゃらけたシュトレーゼマンになると思うから」(20代女性/愛知県)などの意見が寄せられました。
 

1位:上野樹里

1位は、「上野樹里」さんです。ドラマや映画版と変わらず、上野さんは主人公の「のだめ」こと野田恵を担当。なれ親しんだ役ではありますが、上野さんは初舞台となり演技に注目が集まります。

漫画やドラマ、映画ではピアノの才能に恵まれながらも、私生活がだらしなく抜けている性格をしていた「のだめ」。ドラマは2006年に放送された作品だけに、長い年月を経て上野さんが再びどんな演技で「のだめ」を表現するのか、期待が高まっています。

舞台では、上野さんの夫である和田唱さんが音楽を担当。夫婦での「共演」となり、マスコミにも大きく取り上げられています。

回答者からは、「ドラマと舞台の両方に出演することで上野樹里さんイコール『のだめ』のイメージが定着して、上野さんにとって一番の代表作になることを期待しています」(60代女性/愛媛県)、「ドラマでも違和感なく演じてくれたから」(30代女性/宮城県)、「ピアノを弾くところを見られるし、ドラマとどう違うのか楽しみです」(60代女性/滋賀県)などの意見が寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

 

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

次ページ
6位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」