舞台『のだめカンタービレ』で好きな俳優ランキング! 1位『上野樹里』、2位は?

All About ニュース編集部は、『のだめカンタービレ』に関する独自のアンケート調査を実施。この記事では、舞台『のだめカンタービレ』で好きな俳優ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:上野樹里さんの公式Instagram)

ドラマ、アニメ、映画化され、どの作品も大ヒットを記録している『のだめカンタービレ』。2023年には初のミュージカル作品が上演され、大きな話題を集めています。

All About ニュース編集部は10月5~19日、全国20~60代の135人を対象に『のだめカンタービレ』に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、舞台『のだめカンタービレ』で好きな俳優ランキングを紹介します!
 

>6位までの全ランキング結果を見る
 

2位:竹中直人

2位に輝いたのは、「竹中直人」さんです。ドラマ、映画と変わらず、世界的なドイツ人指揮者のフランツ・フォン・シュトレーゼマンを担当。上野さんと夢の再共演となり、ファンは大きな期待を寄せています。

コミカルな演出が特徴的な『のだめカンタービレ』の中で、派手なカツラやメイクを駆使した怪演で強烈なインパクトを残したシュトレーゼマン。竹中さんが抜群の演技力でクセのあるキャラを演じきり、作品に彩りを与えました。

これまで数多くのドラマや映画で、個性的な演技を見せてきた竹中さん。現在も活躍している俳優で、2023年10月27日から公開している映画『唄う六人の女』や、11月22日から放送がスタートするドラマ『恋愛のすゝめ』(TBS系)に出演しています。

回答者からは、「演技が上手で、観てみたいと思わせてくれるから」(40代女性/東京都)、「同じカラーの役者は他にだれもいない唯一無二の貴重な俳優。ふざけた演技がバカバカしくて大笑いできるから」(50代男性/埼玉県)、「シリアスな役もコメディチックな役も大真面目に、かつ期待通りにこなしてくれるから」(20代女性/徳島県)などの意見が寄せられました。
 

1位:上野樹里

1位に輝いたのは、「上野樹里」さんです。ドラマや映画と変わらず、主人公の「のだめ」こと野田恵を担当。連続ドラマは2006年に放送されているだけに、久しぶりの「のだめ」をどう演じるのか注目が集まっています。

「のだめ」は、プライベートでは落ちこぼれながら、天才的なピアノの才能をもつ音大生。天然キャラで「ぎゃぼー!」が口癖の不思議なキャラで、ドラマで見せた白目をむくなどの漫画的な表現をどう舞台で見せるのでしょうか?

上野さんは『のだめカンタービレ』以外にも数多くの作品に参加し、日本を代表する俳優に成長。12月1日には、主演映画『隣人X 疑惑の彼女』の公開を控えています。

回答者からは、「独特の走り方や可愛い喋り方を存分に発揮してくれるから」(30代女性/兵庫県)、「のだめは上野樹里がピッタリだから。キャラクターを伸び伸び演じている」(40代女性/神奈川県)、「かわいくて見ていると安心感を得るし、時にはしおらしく感じる魅力的な女性だから」(50代男性/群馬県)などの意見が寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

 

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

次ページ
6位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応