土屋太鳳、産後の育児について明かす 「ワンオペといわれる状況になる瞬間もあって」「本当に大変なこと」

俳優の土屋太鳳さんは10月17日、自身のInstagramを更新。育児について明かし、「愛のあるお母さんに見守られてお子さんはお幸せですね」と反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:土屋太鳳さん公式Instagramより)

俳優の土屋太鳳さんは10月17日、自身のInstagramを更新。育児について明かしました。

【実際の投稿:土屋太鳳、育児について言及】
 

「ワンオペではないと伝えてくれて安心しました」

土屋さんはまず「とてもおひさしぶりになってしまいました」と6日の投稿から日が空いたことを報告し、「私は少しずつ仕事の準備を始めていて浦島太郎状態と同時に新しいペースを試行錯誤しています」とつづっています。続けて、「今までの人生と全く違う種類の時間の速さと、使い方。たった1秒がすごく大事で1日がすごく早くて。驚くことばかりですが、私は幸運なことにいわゆるワンオペではありません。でもワンオペといわれる状況になる瞬間もあって、もし、これが日常的だったら本当に大変なことだと思います」と、“ワンオペ”について言及。

しかし、「私の場合は、近くから、遠くから理解して心を寄せてくれている家族や友人や応援して下さる方々がいて協力もたくさんしてくれているので心から心から、心から感謝していますが、感謝するだけではなく、この気持ちと経験を何かに巡らせられたら、と漠然とだけれど、思います」と、周りからの協力があり、日々過ごすことができていると明かしました。

コメントでは、「更新ありがとうございます!」「太鳳ちゃんの言葉1つ1つが心に深く届きました」「いつもたくさんの想いをシェアしてくれてありがとう」「愛のあるお母さんに見守られてお子さんはお幸せですね」「太鳳ちゃんがワンオペではないと伝えてくれて安心しました」など、さまざまな声が上がっています。

 

土屋さんは8月に出産

8月29日の投稿で「あらたな命を迎えることが出来ました」と、出産の報告をしていた土屋さん。今回の投稿で仕事の準備を始めたことを明かしていたため、今は産休中なのかもしれません。また土屋さんの姿をメディアで見られる日が待ち遠しいですね!
 

>次ページ:出産報告の投稿も見る

【土屋太鳳さんの写真集をチェック!】
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応