かっこいいと思う「学生時代に野球をしていた芸能人」ランキング! 2位「間宮祥太朗」、1位は?

All About ニュース編集部が実施した「学生時代に野球をしていた芸能人」に関するアンケートから、かっこいいと思う「学生時代に野球をしていた芸能人」ランキングを紹介。2位「間宮祥太朗」、1位は?(サムネイル画像出典:間宮祥太朗さん公式Instagramより)

All About ニュース編集部は9月5日~10月4日の間、全国10〜70代の男女344人を対象に、「学生時代に野球をしていた芸能人」に関するアンケート調査を実施しました。今回は、かっこいいと思う「学生時代に野球をしていた芸能人」ランキングを紹介します。


>10位までの全ランキング結果を見る
 

第2位:間宮祥太朗(77票)

2位は、「間宮祥太朗」さんです!

2008年にドラマ『スクラップ・ティーチャー 教師再生』(日本テレビ系)で俳優デビュー。2016年に『ニーチェ先生』(日本テレビ系)でドラマ初主演を務めます。2017年には『お前はまだグンマを知らない』で映画初主演を務め、その後もコンスタントにさまざまな作品に出演しています。

子どもの頃からプロ野球選手になることを夢見ていた時期もあり、芸能界に入ってからも始球式で球速139キロの剛腕を披露するなど、現在も野球好きで抜群の運動神経の持ち主として知られています。

自由回答を見ると、「野球をしているというイメージがなかったが始球式で130kmを超える剛速球を投げいる映像を見てかっこよかった」(20代男性/兵庫県)や、「背が高くて顔も整っているからです。笑顔が特に素敵」(20代女性/千葉県)といった声が寄せられています。

 

第1位:亀梨和也(92票)

1位には、「亀梨和也」さんが選ばれました!

アイドルグループ・KAT-TUNのメンバーとして2001年から活動を開始。1999年にはすでにテレビドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)で俳優デビューを果たしており、2005年に生徒役で出演した『ごくせん』(日本テレビ系)で大ブレークします。同事務所所属の山下智久さんとダブル主演を務めた『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)では、期間限定の音楽ユニット・修二と彰を結成し、主題歌としてリリースした『青春アミーゴ』も大きな話題となりました。

小学1年生の頃に自ら頼んで野球をはじめたという亀梨さん。中学1年生で芸能界のオーディションを受けるまでは野球を続け、小学6年生時には世界大会にも出場するほどの腕前だったそうです。

自由回答を見ると、「スポーツニュースでの活躍を見ていたら、真面目さがかっこいいと感じた」(50代男性/奈良県)や、「今でも野球が好きなところがわかる。少年の心がある」(30代女性/大阪府)といったコメントが寄せられていました。

※コメントは全て原文ママです

>10位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:斉藤 雄二 プロフィール
新潟出身、静岡在住の元プロドラマー。ライター執筆歴は約8年。趣味は読書とフィットネスとfiat500でドライブに出かけること。最近はeSportsの試合観戦が楽しみです。メインMCを担当するPodcast番組「だいたい二畳半|ホントは面白い住まいの話」をSpotifyやApplePodcastで配信中!

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化