「ホントに…私は幸せ者」榊原郁恵、故・渡辺徹との36回目の結婚記念日を祝う。「ほっこりするお話ありがとう」と反響

タレントの榊原郁恵さんが、2022年11月に急逝した夫・渡辺徹さんの遺影と共に、36回目の結婚記念日を迎えた様子をSNSで公開。「素敵なご夫婦」と反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:榊原郁恵さん公式Instagramより)

タレントの榊原郁恵さんが10月15日、自身のInstagramを更新。36回目の結婚記念日を迎え、2022年11月に急逝した夫・渡辺徹さんの遺影と共に祝う様子を公開しました。
 

【実際の投稿:榊原郁恵、36回目の結婚記念日を祝う】
 

「まさか 徹さんの一生がこんな短いモノとは…ねぇ!」

榊原さんは投稿で、「10月14日 36回目の結婚記念日 いつの頃からか当日、渡辺徹さんからお花が贈られるようになった。コメント付きで! 去年はお互い舞台中! 一昨年のコメントは『一生を共にさせて下さい』 まさか 徹さんの一生がこんな短いモノとは…ねぇ!」と、61歳という若さで旅立った渡辺さんをしのんでいます。
 

続けて、「今年は私からお花をと思ってお花屋さんに行ったけど…欲しいものが無く、帰ってきた所…何と胡蝶蘭が届いて!!」とつづり、送り主は1987年10月14日に榊原さん夫妻が披露宴を挙げた、ホテルの担当スタッフだったことも明かしました。
 

夜には次男が花束を持参して駆けつけてくれたようで、「父親譲りの優しい子供達!! 皆さんに今日もお祝いして頂いちゃった!! ホントに…私は幸せ者です!!」と、心温まるエピソードもつづっています。
 

ファンからは、「おめでとう」「素敵なご夫婦」「息子さん達とても優しいですね」「ほっこりするお話ありがとうございます」「きっとお空の上で、徹さんも喜んで郁恵さんのこと見守ってくれてるんじゃないかな」と、優しい声があふれました。
 

関連記事:榊原郁恵、夫・渡辺徹の見送りを報告
 

渡辺さん急逝から1週間後に投稿を更新

2022年11月28日に敗血症により急逝した渡辺徹さん。榊原さんは1週間後の12月5日に同アカウントを更新し、「彼の最後を どういう言葉で表現したら良いのか… 渡辺にききたいくらいです」と、つらい胸のうちをつづっていました。
 



>次ページ:榊原さんのほかの投稿も見る
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在