箱には55本って書かれているのに! 定番発売「じゃがりこ細いやつ サラダ」の本数を数えてみたら……

カルビーの人気スナック菓子、じゃがりこ。そのじゃがりこに“細いやつ”が登場! 一部店舗で試験発売されていた「じゃがりこ細いやつ サラダ」が全国のコンビニで定番商品となったのです。その実食リポートとふたを開けて分かった驚きの事実をご紹介します。

1995年(平成7年)に誕生したカルビーの人気スナック菓子「じゃがりこ」。「じゃがりこ」が登場する前、じゃがいもを使ったスナック菓子というと、ポテトチップスのように薄切りになったものが多かったように思います。「じゃがりこ」は従来のものから一線を画し、細くて食べやすくカップに入っていることから、持ち歩きもしやすいと瞬く間に人気になりました。

定番のサラダ味は発売から28年目のロングセラー商品となりましたが、2023年9月18日、新たな「じゃがりこ」が誕生しました。その名も「じゃがりこ細いやつ サラダ」。

「じゃがりこ細いやつ サラダ」とは?

「じゃがりこ細いやつ サラダ」
新商品として定番発売された「じゃがりこ細いやつ サラダ」
「じゃがりこ細いやつ サラダ」は、2022年に一部のコンビニでテスト発売されていたもので、SNSでも「新しいじゃがりこが限定発売されているらしい」と囁かれていました。

それがついに定番商品として、満を持しての発売となりました。

「じゃがりこ」はスティックタイプという形が故、その製造過程で折れたり曲がったりしてしまうという課題がありました。「じゃがりこ細いやつ サラダ」は約4年の歳月をかけ試行錯誤した末に誕生したそうです。

「じゃがりこ細いやつ サラダ」はどれくらい細い?

「じゃがりこ細いやつ サラダ」と「じゃがりこ」を比較
左「じゃがりこ細いやつ サラダ」 右「じゃがりこ たらこバター」
「じゃがりこ 細いやつ」がどれくらい細いのか、通常サイズの「じゃがりこ」と比較してみました。上から見ただけでも、左の「じゃがりこ細いやつ サラダ」の細さが分かりますね!
「じゃがりこ細いやつ サラダ」とじゃがりこ
左「じゃがりこ細いやつ サラダ」 右「じゃがりこ たらこバター」
「じゃがりこ細いやつ サラダ」は「じゃがりこ」の70%の細さだそう。確かに一回り細くなっていますね。

ちなみに1カップの容量は、「じゃがりこ細いやつ サラダ」も「じゃがりこ」も同じ52グラムとなっています。
1カップ52グラム
どちらも1カップあたり52グラム

至福のポリポリ感「じゃがりこ細いやつ サラダ」

「じゃがりこ細いやつ サラダ」
ポリポリポリポリという食感
「じゃがりこ細いやつ サラダ」は、何といってもポリポリ感が際立っています。ポリポリポリポリとリスのように端から食べ続けたい食感です。そのポリポリのあとに喉ごしでズンと来るじゃがいも本来の風味。これはクセになりますね。止まりません。

何本入っているのか気になるところですが、カップに記載されていました。1カップに約55本も入っているそうです。
「じゃがりこ細いやつ サラダ」 55本
1カップ約55本
「1カップの本数にはバラツキがあります」とも書かれているので、数えてみました。

短く折れているのもあるので、正確ではありませんが、明らかに55本より多い! 64本ありました。内容量は52グラムで違いがないのですが、それでもなんだか得した気分です。
お皿に出した「じゃがりこ細いやつ サラダ」
「じゃがりこ細いやつ」を皿に出してみた
新商品として定番発売された「じゃがりこ細いやつ サラダ」。「じゃがりこ」好きな人は、ぜひ、細くなった食感もお試しください。筆者の周りではハマる人が続出しています。
細いやツー
「細い矢が2本で 細いやツー」
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」